セミナーからの筋トレ

昨日は日曜日ですが、矯正治療のセミナーに参加です。

1年コースの初日で、これから毎月受講します。

20180415_091626559

張り切って一番前の席に座りました。プロジェクターの後ろで、うたた寝禁止席です^^

20180415_142248138

勤務医の頃は学んでも、勤め先の環境によっては学んだことを診療に生かせないこともありましたが、今は自分の医院に本当に必要なことを選択して学んでおり、それを即生かす場がありますので充実しています。

1年コースは長いので、毎月しっかり学んで医院にフィードバックできるようにします。

セミナー終了後は、いつものジムに寄って筋トレです。

今日は背中の日で、ベントオーバーローやラットプルダウンを中心におこないました。

暖かくなったので、冬と比べて体が温まるのが早くなりトレーニングがしやすくなりました。

睡眠時無呼吸症候群 いびき×マウスピース

睡眠時無呼吸症候群。

読んで字のごとく、寝ている時に呼吸が一時的止まってしまう病気です。

この病気になると、酷いいびきや日中の異常な眠気などの症状が出ます。

他には夜間の多動、多尿。早朝の頭痛、頭重感。不眠。窒息感等です。

これらの症状を緩和させるのが、いびき用マウスピースです。歯科ではスリープスプリントといいます。

保険適応で作成可能ですが、医科の睡眠外来、内科(呼吸器・循環器)、耳鼻咽喉科などに受診の上、睡眠時無呼吸症候群であると診断された診断書が必要となります。

スリープスプリント↓ 硬いマウスピースで、上下の歯が固定される一体型です。

DSC_4466

睡眠時無呼吸症候群と診断を受けていないが、スリープスプリントを作りたいという場合は保険適応外となります。

当院でもスリープスプリント製作に対応していますので、いびき等でお困りの事がありましたらご相談ください。保険適応外でも製作可能です。

セミバリアフリー 簡易スロープ

当院はセミバリアフリーです。

車いすやベビーカーごと院内までお入りいただけます。

お手洗いはバリアフリー仕様ではありません。

医院入口には階段が3段ありますが、簡易スロープ(耐荷重210㎏)がありますので、あらかじめご連絡いただければご用意いたします。

DSC_4475本日も杖が必要な患者さんにスロープをお使いいただきましたが、「楽です!」ととても喜んでいただけました。

階段は3段だけでも杖をつかれる方には辛いものなんですね。

車椅子でも楽に登れます。

このように当院は完全バリアフリーではありませんが、私とスタッフでお手伝いできることは出来るだけさせていただいています。

ちなみにこの持ち運び式簡易スロープは18㎏あります。院長の私が用意しますが、いい筋トレになります^^

 

神経を抜かない虫歯治療

 

神経ギリギリの虫歯でも神経を保存する治療

一見小さく見える奥歯の虫歯↓

180402-001

虫歯治療を開始し、入口を広げると・・

180402-002

こんなに大きな虫歯が・・・

180402-003

虫歯菌の酸により、象牙質はボロボロに溶けています↓

180402-004

虫歯を取りきった後に神経を保護する成分を含んだペーストを塗布します↓

180402-007

硬いプラスティックで上から詰めて治療が終了↓

180402-009

年齢にもよりますが、若ければ若いほどこのまま神経を抜かずに済む可能性が高いです。

まれにですが、虫歯を取りきっていても、数か月、数年後に歯が痛くなり神経を抜く可能性はあります。

しかし歯の神経を抜くと歯の寿命は短くなりますので、当院ではなるべく神経を抜かない治療をおこなっています。

今回のこの小さな虫歯(中では、かなりの進行・・)、患者さんはこの虫歯の存在に気づいていませんでした。

歯科検診で訪れて発覚したので、痛くなる前に神経を保存して治療がおこなえました。

定期健診、受けていますか?