高い歯磨き粉

歯磨き粉

時々患者さんとこんな会話があります。

「歯磨き粉って何をお使いですか?」

「高いの使ってます。」

「どんな効果を期待して高いのを使っていらっしゃるんですか?」

「歯周病とかに効きそうだし、安いのより良さそうな気がして」

 

高い歯磨き粉って、いくらぐらいから高いんでしょうか?

500円以上するとちょっと高いかな、1000円以上すると結構高い。そんな感じでしょうか?

118

高い歯磨き粉の効果について、個人的な見解を言わせていただくと

高い歯磨き粉に値段に見合った効果があるかは少々疑問です。

高い歯磨き粉のパッケージを見ると相応の効果を謳っていますが、歯磨きの基本は歯ブラシが歯面にしっかり当たってプラークを落とすことです。

プラークを落とせていない(磨けていない)状態で殺菌や消炎を期待するのは難しいです。

では虫歯や歯周病予防に効果のある歯磨き粉はどんな基準で選べばいいのでしょう?

基本は「長時間磨けて、歯を傷つけず、フッ素が適量入っている」だと考えます。

具体的には・・

①フッ素が入っている

フッ素については否定的な意見もありますが、やはり虫歯予防の効果については疑いようがないと考えます。

②低研磨剤

研磨剤が多いと歯の状態によっては、歯に細かい傷がついたり、知覚過敏を起こしたりすることもあります。

③低発砲

泡立ちが多いと磨けていないのに泡で磨けた気になってしまうことがあります。

また泡立ちが多いとゆすぐ回数も多くなるのでせっかくのフッ素などの薬効成分が流れてしまいます。

口の中が泡だらけになりませんので長時間磨けます。

④低香味

メントールなどのスーッとする成分が強いと③と同じ理由と磨けた気になりやすく、ゆすぎが多くなりがちです。

高価な歯磨き粉で①~④を満たしたうえで+αの薬効があれば価値はあると思います。

かかりつけの歯科医院で、ご自分にあった歯磨き粉を選んでもらうのもよいでしょう。

当院では歯磨き粉は大きく分けて3種類扱っています。患者さんの症状や用途に合わせて最適な歯磨き粉を提案させていただいています。

ホワイトニングはじめました

「ホワイトニングはじめました。」

といっても当院は以前からホワイトニング治療を行っています。

「ホワイトニングはじめました」のは私です。

自分の歯をホワイトニングするのは3回目くらいで今回は10年ぶりくらいです。随分してなかったなぁ~。

きっかけは最近、患者さんから歯に着色(茶渋やコーヒーの色素など)が付きやすいので何とかならないかというご相談が多くあったことから始まりました。

そこで自分の歯で市販品ではないホワイトニング歯磨き粉を何本か試してみました.

しばらく使ってみた結果ですが、やはりついてしまった着色を歯磨き粉で落とすのは難しいですね。

歯磨き粉で歯が白くなった人は歯の表面に古いプラークなどがついていて黄ばんだりしていたのではないかと思われます。茶渋などの着色は歯磨き粉ではなかなか落ちません。

ただし、ホワイトニング歯磨き粉で着色をつきにくくすることは可能です。日々、歯の表面につく着色を沈着する前に落としてしまえば、着色が沈着するのを防げます。

当院でも着色のつきにくくなる歯磨きジェルを取り扱っています。

通常のホワイトニング治療ももちろんおこなっています。当院は自宅で自分でおこなうホームホワイトニングを扱っています。

話は逸れましたが、歯の白さについてあれこれやっているうちに、やはり手早く確実に白くするのはやはり「ホワイトニング治療」という原点にたどり着きました。

およそ2週間、ホワイトニングジェルを入れたマウスピースを1日2時間装着します。

マウスピース↓

DSC_0561

ホワイトニングジェル↓

DSC_0559

これは10%過酸化尿素のホワイトニングジェルです。

もっと濃度が高い外国産のホワイトニングジェルを扱う方法もありますが、

濃度が高いと漂白効果は上がる反面、知覚過敏や痛みなどの副作用も出やすくなります。

10%ジェルでも説明書通りに使用していれば十分白くなりますよ。

 

フルジルコニアクラウンのデメリット

このブログで何度かフルジルコニアクラウンについて書いてきました。

フルジルコニアクラウンについての過去のブログは

http://www.sasayama-dc.com/blog/2404/

http://www.sasayama-dc.com/blog/2478/

今回はフルジルコニアクラウンのデメリットについてです。

まずは一般的にいわれるフルジルコニアクラウンのメリットとデメリットを挙げてみます。

メリット

①セラミックよりも硬いので欠けたり、割れたりしにくい

②歯垢がつきにくく虫歯や歯周病に強い

③金属アレルギーにならない

④見た目が歯の色に近い

デメリット

①硬すぎて咬みあわせる相手側の歯を傷める可能性がある

②セラミックと比べて白さが不自然

メリットについては上記の通りだと考えます。

それではデメリットについて解説しますね。

まず①の「硬すぎて咬みあわせる相手側の歯を傷める可能性がある」ですが

これは咬みあわせの調整方法やジルコニアの表面を滑沢に研磨することで防げることが分かっています。

次に②の「セラミックと比べて白さが不自然」

フルジルコニアの材質は1種類ではありません。比較的硬い物から、相当硬い物まで何種類かあります。

当院ではケースによって3種類のフルジルコニアを使い分けています。

硬さが少なめのフルジルコニアを選ぶと歯の色を自然に近くできます。

熟練した歯科技工士が作ったセラミックには及びませんが、一般的なセラミックに色調に近いレベルまで再現できますので、自然な色調再現を求められる前歯にも適応します。

ちなみに硬さが少なめといっても通常のセラミックの約8倍の硬さがあります。

逆に、硬いフルジルコニアの色調はやや不自然となります。

この硬いフルジルコニアは見た目をそこまで追求しないけれど、金属の歯を入れたくない奥歯に用います。特に歯ぎしりや咬みあわせが強くて従来のセラミックでは割れたり、欠けてしまう方に適応することが多いです。

ちなみに硬さは通常のセラミックの約15倍あります。初期の頃は良く使っていましたが、最近はここまで硬くなくても良いのではないかということで、もう少し色調再現性が高く、硬さも約9倍のフルジルコニアを用いることが多くなっています。

当院ではセラミックやフルジルコニアについては、歯の状態に合わせて硬さと色調再現性のバランスを考慮して選択しご提案しています。

 

 

 

 

 

デメリット

備えあれば・・

今日は休診日ですが、来週のインプラントオペのシミュレーションをするために診療室に来ています。

インプラントオペをおこなう場合は休診日にシミュレーションをおこなうことが多いです。

診療日は診療に集中していますので、余力がありません(^_^;)

昨日、スタッフとインプラントモーターの動作確認を行いましたのでモーターは問題ありません。

モーターはオペの1週間前に正常に動作するかの確認を必ずおこないます。

シミュレーションの内容はシミュレーションソフトで解析したCT画像の確認や患者さんの歯の模型チェックや手術手順の確認をしながらシミュレーション模型にシミュレーション用のインプラントを埋め込むところまで行います。

シミュレーション用インプラントを埋め込む実技を行いながら「2.8mmパイロットドリル 800回転でドリルします!」などと実際のオペを想定しながら声を出します。

休診日で誰もいないので診療室に声が響きます^^

声出しは手術を介助するアシスタントとのスムーズな連携のためにも大切です。

ドラマで外科医がオペ時に「メス!」「サクション!」などと声を出しているのと同じですね。

事前にシミュレーションをおこなうと毎回小さな気づきがあり、やはり準備の大切さを実感します。

備えあれば・・ですね。

 

 

咬むことの重要性

先日、「専門的口腔ケア」というタイトルの歯科医師会主催のセミナーに参加してきました。

介護を受けられる方でご自身で歯を上手く磨けない人のお口をキレイにしたり、上手く食べられるようにサポートしたりすることを口腔ケアといいます。

講義内容で印象的だったのは咬めなくなると全身の機能が低下していく可能性が高いという事です。

たとえば

低栄養のなりやすさ(良く咬めなくて消化が悪くなり栄養が行き届かない状態)

自分の歯で咬める人を1とすると

入れ歯で咬む人は1.7倍

自分の歯も入れ歯も咬めない人は3.2倍

低栄養になりやすいとの事です。

また、自分の歯でも入れ歯でも咬めない人が認知症になる可能性はそうでない人の2倍以上高くなり、咬めない事で踏ん張りが効かず転倒しやすくなる可能性もあるそうです。開眼片足立ちの時間も半分以下になります。

咬むことで唾液の分泌が促進されますが、咬めないと唾液は出にくくなり、口の中は唾液による殺菌作用も減るので不潔になりやすくなります。細菌が増殖し、虫歯や歯周病になりやすくなります。

また咬めない事で食塊を上手くすりつぶせないので、丸のみになって内臓に負担がかかったり、のどに詰まりやすくなります。

以上は咬めない事で起こり得る問題の一部です。

咬むことの大切さを再認識するデータでした。

咬めないことで始まる「オーラルフレイル」そして「フレイル」。この2つの聞きなれない言葉は今、高齢者医療でさかんに言われ始めているキーワードです。これについては、またの機会で説明します。

最後に高齢者の方からよくお受けする質問を2つあげます。

Q1.「歯を丈夫にするためにカルシウムを多く取った方がいいですか?」

A1. 残念ながら歯はカルシウムをとっても強くなりません。

Q2.「歯を丈夫にするために硬い物を食べた方がいいですか?」

A2. 残念ながら硬い物を食べても、歯は丈夫になりません。むしろ高齢者の歯は摩耗して薄くなったり、歯の水分が少なくなっているので割れたり、欠けやすくなっています。硬いおせんべいなどは控えた方がよいでしょう。