睡眠時無呼吸症候群 いびき×マウスピース

睡眠時無呼吸症候群。

読んで字のごとく、寝ている時に呼吸が一時的止まってしまう病気です。

この病気になると、酷いいびきや日中の異常な眠気などの症状が出ます。

他には夜間の多動、多尿。早朝の頭痛、頭重感。不眠。窒息感等です。

これらの症状を緩和させるのが、いびき用マウスピースです。歯科ではスリープスプリントといいます。

保険適応で作成可能ですが、医科の睡眠外来、内科(呼吸器・循環器)、耳鼻咽喉科などに受診の上、睡眠時無呼吸症候群であると診断された診断書が必要となります。

スリープスプリント↓ 硬いマウスピースで、上下の歯が固定される一体型です。

DSC_4466

睡眠時無呼吸症候群と診断を受けていないが、スリープスプリントを作りたいという場合は保険適応外となります。

当院でもスリープスプリント製作に対応していますので、いびき等でお困りの事がありましたらご相談ください。保険適応外でも製作可能です。