ささやん

暑い日が続きますね。溶けそうです(^_^;)

私が小学生だった昭和50年代。

苗字の下に”山”がつくと、あだ名は大抵”やん”になった気がします。

例)

片山→片やん

西山→西やん

私も、もれなく”ささやん”でした。

数ヶ月前から小学校の同級生が治療で通っていまして、同級生から久々に”ささやん”と呼ばれました。

”ささやん”と呼ばれていたのは、小学校の時だけでしたので懐かしいのと少し恥ずかしかったです。

1,2年生の時に同じクラスだっただけなので、共通の思い出は多くありませんが、実家が近くでしたので、その昔に近所の公園であった出来事などローカルで懐かしい話が出来ました。

最近の子でもあだ名で”やん”はつけるのでしょうか?

つけなさそうですね。

今は男女限らず”さん”付けで呼ぶのが多いみたいです。

洗練されたというか、お上品ですね。

以上、”やん”についてでした。