カテゴリー別アーカイブ: 知覚過敏

知覚過敏を放置すると・・

今月はなんだかんだと忙しくて4回しかスポーツクラブに行けませんでした(T_T)

週2回の月8回が目標なので半分しか行けませんでした。

連休に遠出したり、体調を崩したりしたのが原因です。

今週からやっと通常の診療日程に戻りますので、来月はしっかり通いたいと思います!

さて・・

知覚過敏は冷たい物や熱い物が凍みるのが症状の病気です。0934030005_s凍みる=虫歯がある

一般的にはそう思われがちなのですが、

知覚過敏の原因のほとんどは、歯ぎしり・食いしばり・噛みしめ・歯周病のどれかに当てはまります。

0904020001_s

知覚過敏の治療は凍みる場所に薬を塗ったり詰め物を詰めます。

歯周病が原因の場合は歯周病の治療もします。

歯ぎしりや噛みしめが原因の場合はかみ合わせを治したり、マウスピースを作ったり、自己暗示療法を指導します。DSC_1172

知覚過敏の原因が虫歯でないことを説明しても半信半疑の患者さんもいらっしゃいますが

ちゃんと処置すれば、1~3回くらいですっかり治まります。

患者さんは虫歯が原因でないと分かってホッとするのですが、

知覚過敏を甘く見てはいけません。

ちゃんと治療をしないと最悪の場合、歯の神経を抜かないと凍みるのが治まらないほど悪化してしまう場合もあります。

ですので凍みる人用にシュミテクトなど知覚過敏用の歯磨き粉も市販されていますが、ご自身で診断せずに、まずは何が原因で凍みているのか歯医者さんで診てもらいましょう。

歯が凍みるのは虫歯?

院長の笹山敏です。

日に日に朝晩が寒くなって来ましたね。

この時期に来院される患者様の症状で特に多いのが、「冷たいもので歯が凍みる」です。いわゆる知覚過敏です。

急に寒くなり水道水も冷たくなりましたので、単純に凍みやすくなることはあるのですが、原因はそれだけではないのです。

歯が凍みる原因はいくつか考えられますが、大きく分けると 1.虫歯 2.歯周病 3.歯ぎしり食いしばり の3つが考えられます。

今回は3番目の歯ぎしり・食いしばりについてお話します。実はかなりの割合で歯ぎしり・食いしばりが原因による知覚過敏が多いのです。

成人のほとんどの人は日中・就寝中多かれ少なかれ歯ぎしり・食いしばりをしており、その力は70㎏に及ぶこともあるようです。

そのような強い力が歯に加わると、歯の中の神経が敏感になり知覚過敏が起きるのです。

そのような場合、歯科医院ではかみ合わせをチェックして、凍みる歯に知覚過敏用のコーティング剤を塗ったり、歯の型をとってマウスピースを作り装着することもあります。

就寝時にマウスピースを装着することで、歯ぎしりや食いしばりをしても、マウスピースがクッションになり、歯ぎしりや食いしばりの力を弱めてくれますので凍みる症状が改善されることも多いのです。

市販の知覚過敏用歯磨き粉の効果についても、よくご質問を受けるのですが、使用している患者さんにお聞きすると効果があった人、なかった人は半々ぐらいというのが実感です。

歯に穴が開いて虫歯になったわけでもないのに、冷たいものが凍みる時は歯医者さんに診てもらうほうが良いですね。

DSC_1172