日別アーカイブ: 2017年5月15日 [月]

入れ歯の力

上下総入れ歯の93歳の患者様。

去年、当院で新しく上下の総入れ歯を作りました。

ご家族の方が先日治療の際にいらして、その患者様について私に質問されました。

「肺炎で入院したのですが、入れ歯を外しています。入れたほうがいいですか?」

弱っていて食べるどころではないので、入れ歯を入れていないということです。

入れ歯を入れていないので食事はままならず、流動食など召し上がっているとか。

その流動食も上手く飲み込めずに弱っていると。

そして入れ歯を入れていないので口が開いたままになり、意識もボーっとしてしまっていると。

私の答えは「入れ歯を入れてください。」です。

食べるのはもちろん、飲み込むだけでも入れ歯は必要です。

上下の咬み合わせがないと飲み込みにくいのです。

そのアドバイスをさせていただいたのが、先週のこと。

今朝診療前に、ご家族から電話があり、

「入れ歯を入れたら食事が完食出来たうえに、意識がはっきりして元気になりました!」

と感謝のお言葉をいただきました。

「やはり噛めるということは本当に大事なんだ」とあらためて実感しました。

「噛める」と唾液が分泌され、脳に刺激がいきますので覚醒するのです。

「噛む」と「噛める」は違います。噛める入れ歯が大事です。

この方の入れ歯作りは本当に大変だったのですが、自分の入れ歯作りのターニングポイントになったケースでした。(後日アップします)

朝から感謝のお言葉を頂けて、週明けの月曜日に気持ちの良いスタートが切れました^^