月別アーカイブ: 2018年3月

インプラント・ブリッジ どっち? 

「インプラント ブリッジ 比較」 と検索すると色々とヒットします。

歯医者さんでインプラントかブリッジどちらにするか、決めなくてはならなくなって

検索している方が多いのではないかと思います。

検索結果の多くは歯科医院のホームページの情報にヒットしますね。

大抵の検索結果はブリッジは良くない、インプラントのほうが優れているとなっています。

臨床データでもインプラントのほうが総合的には勝っているというデータがありますし、私自身も基本的にそう思います。

しかし、当院に古くからの通われている患者さんのお口の中には30年以上持っているブリッジが結構あるということも私が知る臨床的な事実です。

当院の治療ではありませんが40年以上前に入れたブリッジがいまだに何事もなく機能している患者さんもいらっしゃいます。

その長期に問題がなく持っているブリッジに共通していることは・・・

① ブリッジしているすべての歯に神経があり、部分的でなく、全体的にかぶせる冠で製作してある。

② 歯磨きなどのセルフケアがしっかり出来ており、定期的に歯科医院でクリーニングなどのメンテナンスを受けている。

③ 噛みしめや歯軋りなどの癖がない。

④ 歯並びやかみ合わせが良い。

が挙げられます。

ブリッジは健康な歯を削るという大きなデメリットはあります。

しかし、インプラントは保険が効かない、手術しなければならない、治療期間が長い、全身の健康状態によっては適応除外となるなど、どなたにでも適応できる治療でないことも事実です。

条件次第ではブリッジも治療の選択肢として十分考えてよいと考えます。

フルジルコニアブリッジ↓ セラミックの良さ(色調)と金属の良さ(硬さ)を持ち合わせたブリッジで、当院ではスタンダードな治療です。

dsc_3267

新たなスタート

今日は当院すぐの「いかりスーパー」さんが改装されて1か月半ぶりの営業再開です。

予想はしていましたが、みなさん待ちに待っていらしたようでひっきりなしに車が駐車場に入っていきます。

いつもより誘導員さんも多くて大忙しのようでした。

いかりスーパーさんのすぐ横にケーキ屋さんが先週オープンしました。

当院では先週から新人歯科衛生士さんが入社しました。桜もどんどん咲き始めて本格的な春の到来です。

新たな気持ちで仕事に取り組んでいきたいと思います。

歯科衛生士さん、随時募集中です。ご興味のある方は当院の求人情報をご覧いただければと思います。

DSC_4424

 

 

新人実習 (印象編)

 

新人さんにお仕事レクチャーのひとコマ。

印象材(歯型を採る材料)を練る練習中↓

 

 

DSC_4407

回転タイプは慣れるまで練習が必要。全自動のAPミキサーⅢもありますが、まずは基本のコチラから。鍵の閉め忘れは厳禁!

DSC_4408

なかなか筋が良いです。頼もしいですね^^

 

ポリデント(入れ歯洗浄剤)の効果

ポリデント(入れ歯洗浄剤)は使った方がいいですか?

2年前に製作した入れ歯。2年前の状態です↓

DSC_2730

DSC_2732

現在の状態です↓ 毎日義歯専用ブラシで磨いた後にポリデントを使用されています。

DSC_4389

まだ2年とはいえキレイです。

入れ歯はブラシで磨くだけでは、このような状態は維持できません。

入れ歯洗浄剤は一晩漬け置きする必要はなく、10分程度漬けるだけでも効果は十分あります。

正しい使い方はかかりつけの歯医者さんでお聞きになると良いと思います。

ポリデントで入れ歯ケア、おススメします。

短期集中歯科治療

当院では短期集中治療は基本的におこなっていません。

積極的にお受けしない理由は、歯の治療は治っているか確認できるまでに一定の日数が必要な治療があり、詰め込みで診療すると治りを確認できずに見切り発車的に進めるので、後で痛みが出たりすることがあるからです。

と、建て前的にはそうなんですが・・

「来月に海外に留学する。」

「次の仕事を始めるまでに歯を治しておきたい。」

色々事情はありますよね。

 

最近も2週間後に海外に3,4年赴任する方の集中治療をおこないました。

10日間ぐらいで7回ほど通っていただき、問題のある箇所はすべて治療しました。

抜歯するか迷った歯もありましたが、ご本人と話し合って残す治療をおこないました。

ちゃんと通ってくださったので、無事終わりました。

 

短期集中の通院における当院からのお願いと、ご了承していただきたいことは

① 予約は基本的にこちらの指定した日時にお越しいただきます。

歯科医師は私一人ですので短期の場合は予約日時のご希望にほとんど沿えません。スミマセン・・。

② キャンセルしないでください。

短期の場合はかなり計画的に治療を進めないと終わりません。中途半端に手をつけてしまうと終わらない治療もあり、治療途中で終わってしまった歯は後で悪化することもあり、結局患者さんにご迷惑をおかけする可能性があります。通院期間中は歯の治療を第一優先にスケジュールを組みましょう。

③ ある程度の問題が残る可能性があります。

通常の通院期間より短く済ませるため、治療内容によっては通常治療期間の治療と同等の結果を得られない場合もあります。

④ 治療は優先順位をつけて悪い歯から治しますが、限られた期間では終わらない可能性があります。

「忙しい イラスト フリー」の画像検索結果