今、歯医者に行っていいのか迷ったら・・

院長の笹山です。

今この時期に、当院に来院されている患者さんで「テレビで不要不急の治療は避けるように放送されていたので、来ていいものか迷ったんですが・・」おっしゃる方が結構いらっしゃいました。

先日の日本歯科医師会の公式発表では、歯科医院において歯科医やスタッフから患者さんにコロナ感染した例は全国で1例もないそうです。

1例もないので、気にせず来院して下さいと言うわけではありません。

あくまで客観的なデータとして、お示ししたまでです。

検診とクリーニングの予約は先に延ばしても、日頃の歯磨き等のセルフケアを徹底することで、早期に歯周病が悪化してしまうことや、むし歯が出来てしまう可能性は少ないです。

ただし家にいる時間が長くなりますと、食生活が不規則になりがちで、ついダラダラと食べてたり、飲んでしまうことがあります。

これは虫歯や歯周病が悪化する要因の一つになります。

ずっと家にいると、食べるぐらいしか楽しみがないと言う方もいらっしゃると思いますが、ダラダラ飲食は極力控えましょう。

「詰め物が取れた。」「凍みる。」「痛い。」「腫れた。」「噛めない。」に関しては状態によりますが、一度診察を受けたほうが良いと考えます。

一度来院されて、とりあえずそのままで良いのか?それとも投薬や応急処置が必要なのか?しっかり治療したほうがいいのか?を診てもらうだけでも、その後は違うと思います。

当院ではコロナを気にされながらも「歯が痛くなった。」「歯を悪くしたくない。」と来院された患者さんに、引き続き安心安全の診療体制で臨みます。

当院のコロナウイルス感染防止対策はこちらから↓

https://www.sasayama-dc.com/blog/6798/