歯科 金属アレルギーにノンクラスプ入れ歯(バネのない入れ歯)

院長の笹山です。

当院にお越しになる入れ歯を作成希望の患者さんの中には、金属アレルギーで通常の入れ歯を装着出来ないので、金属のバネを使わないノンクラスプ入れ歯のご相談にお越しになられる方がいらっしゃいます。

金属のバネがついた通常の入れ歯↓

ノンクラスプ入れ歯↓

ノンクラスプ入れ歯の全てを金属を一切使わずに作成することは可能ですが、あまりおすすめしません。

その理由は強度が落ちて入れ歯がたわんでしまうからです。

入れ歯がたわむと噛み心地が悪くなったり、壊れやすくなったり、痛みの原因となることがあります。

そこで金属を使う部分は、チタンという金属を使います。

チタンは金属アレルギーをほとんど起こさない金属です。

下の画像はノンクラスプ入れ歯に金属をコンビネーションさせた入れ歯です。(下の画像の金属はチタンではありません。)

正面から見て目立つ場所には金属を一切使っていません。

これで

①見た目が気にならない。

②金属アレルギーの心配がほぼない。

③よく噛める

ノンクラスプ入れ歯が製作可能です。

before

after

当院では金属アレルギー対策にチタンコンビネーションのノンクラスプ入れ歯を提供しています。

金属アレルギーで入れ歯を躊躇されている方はお気軽にご相談ください。

当院の金属アレルギー治療についてはこちらもどうぞ↓

https://www.sasayama-dc.com/blog/6370/

ノンクラスプデンチャー(バネのない入れ歯)が合わない理由は?

院長の笹山です。

当院はノンクラスプ入れ歯治療を積極的におこなっています。

当院に訪れる新規の患者さんの中でも、ノンクラスプ入れ歯についてのご相談は比較的多いです。

初めての入れ歯でノンクラスプ入れ歯をご検討の方からの相談もありますが、実はもっと多い相談内容があります。

それは・・

「前の歯医者さんでノンクラスプ入れ歯を作ったけれど、合わないので診てほしい」

というご相談です。

来院された際に以前作ったノンクラスプ入れ歯を見せていただくと、やはり何かしらの不具合が見つかります。

(他院で作ったノンクラスプ入れ歯の調整や修理はお受けしていません。ご了承お願いいたします。)

拝見していて一番多い不具合の理由は…

設計です。

ノンクラスプ入れ歯を従来の入れ歯と同じように設計すると大抵うまくいきません。

ノンクラスプ入れ歯には、ノンクラスプ入れ歯の設計があります。

その辺り設計のコツは歯科医師に知識や経験があることが大事です。

私はノンクラスプ入れ歯を診療に取り入れて10年経ちましたが、やはり最初の数年はその辺りのコツが分からず、正直うまくいかないこともありました。

普通ならそこで治療に消極的になるのですが、ノンクラスプ入れ歯は見た目の満足度が高いことと、それに代わる治療(インプラントも怖いし、バネつきの入れ歯は無理など・・)がないので、何とか上手くいくようにしたいと考えました。

うまくいかない理由を勉強したり、製作経験の豊富な技工士さんに助けられながら、症例を積み重ねて改善してまいりました。

現在ノンクラスプ入れ歯を治療に取り入れて10年が経ったのですが、今では大抵の症例を経験しましたので、少しのトラブルがあっても、ほぼ対応可能となりました。

一度作ってみたけれど…

「ノンクラスプ入れ歯はこんなものか・・」

「合わない…」

「バネ付の入れ歯より噛めなくなった…」

などでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

サンプル模型や実際の症例写真をお見せしながらお話いたします。