フルジルコニア審美治療

毎日暑いですね。

暑い中お越しいただいた患者さんに快適に診療を受けて頂けるようにタワー型の扇風機を1台追加しました。

小さな診療室にエアコン4台 扇風機4台 サーキュレーター1台となりました(^_^;)

 

さて、最新の被せ物材料についてです。

6月23日に「ジルコニアの進化」について書きました。

https://www.sasayama-dc.com/blog/2404/

今回は前歯のフルジルコニアケースを紹介します。

上の前歯6本をかぶせ直した治療です。治療前後を見て頂きます。

治療前 ↓  *左側上の前歯は仮歯を外している状態です DSC_0538

 

治療後↓  6本のうち4本はジルコニアオールセラミッククラウン、2本はフルジルコニアクラウンです。

DSC_2982

上の前歯6本を被せたうち、どれがフルジルコニアクラウンで、どれがジルコニアオールセラミッククラウンかお分かりでしょうか?

その前に、そもそもフルジルコニアクラウンとジルコニアオールセラミッククラウンとは何なのか・・説明しますね。

ジルコニアオールセラミッククラウンとはジルコニア(人工ダイヤモンド)の上にセラミックを焼き付けた被せ物です。つまり中はジルコニア、表層はセラミックという2重構造になっています。

下の画像はジルコニアオールセラミッククラウンです。被せ物を内側からみています。被せ物の内側が白くて、外側がやや黄色いのがお分かりでしょうか?白い部分がジルコニア、やや黄色い部分がセラミックです。

 

DSC_1602

 

審美的にかなり美しく仕上がりますが、ジルコニアの上に焼き付けたセラミックの強度にやや問題があり、歯ぎしりや噛み締めなどの習癖、または咬み合わせによってはセラミック部分が欠けてしまうことがあります。

一方、フルジルコニアクラウンとは読んで字のごとく、100%ジルコニアのみで出来た被せ物です。

焼き付けるセラミックに比べて10倍近く硬さがあるので、欠けたり割れる心配がほぼありません。

反面、セラミックのように自然な美しさを再現するのが難しく、これまで前歯など人目に触れる部位には使用されてきませんでした。

去年から今年にかけて、前歯に適応しても審美的に問題ないレベルのフルジルコニアクラウンが開発されましたので、治療に使用しました。(当院では新しい歯科材料や治療方法を導入する際、すぐに取り入れず一定の評価が定まってから慎重に導入しています。)

最初の話に戻ります。どれがフルジルコニアクラウンかという問題ですが、答えは上の前歯の真ん中の大きな歯2本です。左右となりの2本ずつはジルコニアオールセラミッククラウンです。

DSC_2982見た目ではほとんど区別できないと思います。それくらいフルジルコニアクラウンで自然観のある歯を作れるようになりました。

今回、前歯2本のみにフルジルコニアを適応させたのは理由があります。

フルジルコニアにした前歯は、噛み合わせが一部切端咬合というかみ合わせで、上下の前歯同士が強く噛み合わせる咬みあわせなのです。

そのため、術前の前歯の画像では歯の先端の一部がほんの少し欠けているのが分かると思います。

このような咬みあわせの患者さんに従来のジルコニアオールセラミックで被せると表層の焼き付けたセラミック部分が欠けてしまう可能性がありました。

被せるに当たって、前歯の先端同士が強く当たらないように咬みあわせも若干変えつつ被せ直しています。

前歯なのでジルコニアオールセラミックのような審美性も求めたいけれど、硬さもないと困るケース。

そんな時にフルジルコニアクラウンが適応されるんです。

今回、前歯にフルジルコニアクラウンを適応して、審美性もジルコニアオールセラミックに劣らず、強度を確保出来ましたので、今後も似たような咬みあわせケースがあれば適応していきたいと思います。

フルジルコニアの進化

ジルコニアってご存知ですか?

ジルコニア(二酸化ジルコニウム、化学式:ZrO2)は 、ジルコニウム酸化物である。常態では白色固体融点が2700℃と高いため、耐熱性セラミックス材料として利用されている。また、透明ダイヤモンドに近い高い屈折率を有することから模造ダイヤとも呼ばれ、宝飾品としても用いられている。限りなく本物に近い偽物とも呼ばれている。ウィキペディアより。

 

歯科でもここ数年でジルコニアを使った被せ物が増えてきています。↓

DSC_2442

 

ジルコニアのメリットは、とにかく硬い(セラミックのおよそ10倍)のでセラミックの歯のように欠けたり、割れたりすることがほぼありません。

一部で硬すぎてかみ合わせる相手側の歯を傷めるという説もありましたが、現在では否定されつつあります。

当院では去年から診療で実際に装着し始めました。

数年前までのジルコニアは色調再現性がセラミックに比べて著しく悪く、いかにも差し歯という色で周りの天然の歯の色との調和が図れないものでしたので奥歯の目立たない所にしか使用できないものでした。

何度かサンプルのジルコニアクラウンを見ましたが、自分の観点では奥歯に使用するのも躊躇するような色調でしたので、材料自体に魅力は感じていましたが、今まで使用していませんでした。

当院で去年から導入したジルコニアクラウンは 色調再現性が著しく改善された物です。奥歯に使用しても、通常のセラミックの被せ物に見た目は劣りません。歯ぎしりや噛みしめなどが理由で、奥歯のセラミックをあきらめた方にも十分に適用可能です。

今年になって更にセラミックに近い色調を再現できるジルコニアが出て来ました。歯の色の良し悪しが見た目に直接影響する前歯にも使えそうです。

前歯にジルコニアを応用したケースを近々アップできればと思います。

フルジルコニアクラウン

院長です。

花粉がすごいですね・・。年々症状が酷くなっている気がします(T_T) 春は好きなのですが・・。

 

年始から始めた数ケースの総入れ歯治療もひと段落し、もう少しで終了です。最近はセラミックなどの審美歯科治療のケースが増えてきました。

審美歯科治療のゴールは単に白い歯を入れることではありません。術者の主観ではなく、患者さんが審美的に満足していただくことがゴールです。結果を出すために色々と手間をかけなければなりません。結果にコミットするのです!!(CMでおなじみですね(^O^))

今回はジルコニアという歯の被せ物に使う歯科材料をご紹介します。

ジルコニアは人工ダイヤモンドともいわれ宝飾品にも使われる非常に硬く軽い材料です。歯科で使う場合はセラミックを高強度に進化させたような材料として用いられます。

強い歯ぎしりをする人や咬む力が強い人の場合で奥歯に従来のセラミックを被せると割れたり欠ける心配のあるケースがあります。そこで金属(銀歯や金歯)の被せ物が用いることが多かったのですが、ジルコニアは強度が十分にありますのでこのようなケースでも問題なく白く被せられます。またセラミックと同様、変色や金属アレルギーの心配もありません。

ジルコニアクラウンには100%ジルコニアで出来た被せ物とジルコニアのフレームの上にセラミックを結合したジルコニアセラミッククラウンがあります。

違いは強度と見た目の美しさです。

フルジルコニアは相当硬いのでまず割れません。しかし天然の歯の色とは若干違う、少しわざとらしい色の白い歯になります。ジルコニアセラミックは表面は従来のセラミックで内側の層がジルコニアです。中のジルコニアは割れませんが、表面のセラミックは欠けたり、割れる事があります。色は天然の歯とほぼ同じ自然な白さです

2つの使い分けはフルジルコニアは咬む力がしっかり加わる奥歯に。ジルコニアセラミックは自然な美しさが要求され、奥歯ほど噛む力が加わらないの前歯に・・という感じです。

一般的なフルジルコニアクラウンは色調に問題があり、審美歯科治療というにはやや難があります。

当院で使用しているフルジルコニアクラウンは自然な歯の色が再現できるようなメーカーの物を使用しています。

金属アレルギー、見た目の問題、適合の問題等を考えますと歯のメタルフリー化は今後ますます進み,単に白ければよいのではなく、長期の安定を考えた診断のもとに自然で美しく耐久性のある治療が求められます。

一般的なフルジルコニアクラウン↓ 例えるなら”のど飴”のような独特の光沢があり、色調がやや不自然です。

zcrown

当院のフルジルコニアクラウン ↓ 上の画像と比べて色や光沢が自然な感じが伝わるでしょうか?

DSC_2442

 

以上、ジルコニアについてでした。