神経を抜いたのに歯が痛い…。

宝塚市 宝塚南口の笹山歯科医院 院長の笹山です。

今回は歯の神経を抜いたのに歯が痛い理由についてです。

まずは歯の神経を抜いた時期によって、痛みの理由は異なります。

1⃣神経を抜いたのは最近。

①虫歯など歯が痛くて神経を抜いた。

歯が痛くて神経を抜いた場合は、歯の根の周りまで炎症が広がっている場合があります(歯根膜炎)。歯の根の周りは、歯の神経の司っている部分ではないので、神経を抜いても痛みが続くことがあります。これは安静にしていると時間の経過と共に落ち着いてきます。(数週間から数か月かかる場合があります。)

②歯の神経が残っている。

神経は非常に複雑な形をしていて、スポンと1本の管のように抜けるわけではありません。少し神経が残る場合があります。これは後日の治療で再度麻酔をして抜くことがあります。

③神経の入っていた管に出血がある。

神経の入っている管には血管も入っています。これも神経を抜くときに一緒に抜けるのですが、炎症が大きい場合などには歯の中で再出血して、管の中で血液が充満し痛くなることがあります。

歯の中の歯髄と言われる部分には神経以外に血管も入っています↓

 

2⃣神経を抜いたのはずっと前。

過去に神経を抜いた歯でも、歯の根の外に感染源が残っていると根の周りに膿が溜まったりして、痛みが出ることがあります(根尖性歯周炎)。②で書いたように、神経は非常に複雑ですので、どんなに丁寧に神経を抜いても、一部の感染した神経が残ってしまう場合があります。その残った神経が感染源となり歯の根の周りが痛くなります。歯の根の周りが痛いと、歯の中の神経が無くても、歯そのものに痛みがあるように感じます。

もう一つの理由は歯の周りが歯周病になっている場合です。

この場合は、歯に神経が無くても、歯の周りの炎症によって、歯が痛く感じる場合があります。

以上「神経を抜いた歯が痛い。」理由についてでした。実は他にも多少の原因はあるのですが、今回は可能性が高い理由を主に説明しました。

もしかしたら、「神経を抜いたのに痛い。何で?あの歯医者さん下手?」と腹が立ったり、不安になることもあるかもしれませんが、神経を抜いた歯が痛くなるのは、それほど稀なことではありません。

まずは治療してもらった歯医者さんに相談してみるのが良いと思います。

痛い 口内炎 早く治す には?

宝塚市 宝塚南口の笹山歯科医院 院長の笹山です。

口内炎、辛いですよね。

話すのも、食べるのも、飲み込むのも痛い。

「何か口の中が痛いな。」と思って、鏡で口内炎を発見した時のあのショック。

何度経験しても慣れません。

治るまでの数日間の苦痛を考えるとテンションが下がります。

そこで、今回は辛い口内炎を出来るだけ早く治す方法です。

一番早いのは歯医者さんで治療することです。

レーザー治療をおこなうと痛みはかなり軽減されます。

紹介しておいてなんですが、当院にはレーザー機器はありませんm(__)m

もしくは歯医者さんで口内炎用の軟膏や貼り薬を貰う事です。

軟膏と貼り薬の違いなんですが、

貼り薬(シール状)は、唇の口内炎に適します。

軟膏は、唇・舌・歯ぐきに適します。

シールタイプは、歯ぐきや舌に貼っても剥がれやすいです。

で、軟膏を効かせるコツです。

まず洗面所の鏡に向かいます。両手を使いますので、手鏡を持ちながらは難しいです。

清潔な綿棒に軟膏を少量取ります。

唇を片手でめくって、口内炎が鏡で見えるようにします。

次に綿棒の軟膏を塗っていない方で、口内炎とその周囲の水分(唾液)拭きます。(痛いけど我慢!水分があると剥がれやすくなります!

水分を拭き取った部分に新たな唾液がつく前に、綿棒の軟膏を塗ります。(厚く塗ってはいけません。)

次は最大のポイントです。

このまま唇を持つ手を離すと、塗った軟膏が唇の内側や他の部分にくっ付いてしまいます。

他の部分に付くと、効果が落ちますし、付いた部分も気持ち悪いです。

で、どうするかといいますと、

口内炎に軟膏を塗った後、反対の手で唇はめくったまま、

綿棒の先ほど水気を取った側に、洗面所の蛇口から水を出して濡らします。

綿棒にたっぷり水がついたら、軟膏を塗った表面を綿棒で濡らし、唇の内側などの軟膏を塗った部分に当たりそう部分も濡らしておくと良いでしょう

こうすることで、その後、唇を持つ手を離しても、唇の内側に軟膏がくっつくのを防ぐことができ、口内炎に塗った軟膏は剥がれにくくなります。

文章のみの説明ですので、ちょっと分かり辛いかもしれませんが、かなり効果がありますので、口内炎の軟膏が効かないと悩んでいる方は試してみてください。

一日に数回塗るのがよいのですが、とにかく寝る前に塗って、その後飲食せずに寝ると、一番効果がありますので、寝る前に塗るのはマストです。

あとは睡眠をしっかりとり、補助的にビタミンBのサプリメントを多めに飲むと更に治癒機関が短縮されます。

万一、喉の奥に出来た場合などは、塗ることも難しくなりますので、歯医者さんで治療するのをお勧めします。

以上「つらい・痛い口内炎 早く治すには?」でした。

何か参考になれば幸いです。

1歳6か月児・3歳児の乳幼児歯科検診は当院で検診可能です

宝塚市で小児歯科、小児矯正治療をおこなっている歯医者 笹山歯科医院の笹山です

コロナの影響で前年度に引き続き、今年度も宝塚市1歳6か月児歯科検診・3歳児歯科検診を宝塚市歯科医師会所属の歯科医院で検診をおこなうことが可能となっています。

笹山歯科医院も歯科医師会に所属していますので検診実施医療機関です。

今月も早速、検診のご予約を頂いております。

検診をご希望される方は、電話でご予約いただき、市から送付された検診票をご記入の上、ご来院ください。当日、保険証や受給者証などは不要です。

所要時間は5~10分程度です。

市から送られる検診票↓

 

当院はキッズスペースがあり、ベビーカーごと入れますので、気兼ねせずにお越し頂けます。(キッズスペースのおもちゃ等は、コロナ感染予防のため、一時的に撤去しています。)

かかりつけの歯科があっても遠慮なくお申込みください。

検診のみ速やかにおこないます^^

 

歯が痛くて電話したら、予約が一杯で断られた話。

宝塚市の歯医者、宝塚南口 笹山歯科医院 院長の笹山です。

「以前通っていた歯科医院は、痛いとか困った時に電話しても、予約がいっぱいだと診てもらえないことがありました。」

歯が痛い女の子のかわいいフリーイラスト素材

新規で来院された患者さんから、時々お聞きする話です。

当院は小規模医院ですのでマンパワーは圧倒的に足りませんが「痛い」とお困りの方をお断りしたことは一度もありません。

どんなに予約が一杯でも出来る限り当日診ます。

あらかじめ「予約の患者さんがいらっしゃいますので、〇時に来ていただき、そこからお待たせししながらの診療になる上に、応急手当てになるかもしれませんが、よろしいですか?」とお断りを入れてはいますが、それでもよろしければ当日に必ず診ます。

詰め物や被せものが取れた場合でも、最低限の仮の詰め物をしておくだけでも、痛みやその後の問題は少なくなります。

患者さんは取れた歯を、その日のうちに完全に元通りにして欲しいんじゃなくて「そのままにして痛くなったらどうしよう・・」という気持ちが強いんです。

その日の本格的な治療は無理でも、痛み止めを出したり、噛み合わせ調整をするだけでも楽になることはあります。

応急手当をして、最低限の痛みや食事に不自由のない状態にまですれば、最終的に治すのは、後日でもいい。

・・と私は思っています。

歯でお困りの時は、まずお電話下さい。

*お電話無しで直接お越しになられた場合は、かなりの待ち時間と治療時間が発生いたします。処置も最低限の応急処置となる可能性が高いです。

*診療受付は診療終了時間の30分前までとなります。ご了承ください。

痛い時や困った時は原則当日に診る!

当たり前かもしれませんが、これからも続けていきます。

歯磨きしなくても虫歯にならない?

宝塚市 宝塚南口 歯医者 笹山歯科医院 院長の笹山です。

先日、”歯磨きに「虫歯を予防する効果はない」衝撃事実”というネット記事が出ておりました。(興味のある方は検索してみてください。)

記事によると「歯磨きに虫歯の予防効果があるというエビデンス(科学的根拠)はない」というのです。

私の見解です。↓

この記事も触れていますが、実際に歯みがきで虫歯を予防するにあたって、大きな効果を上げているのは、歯磨き粉に含まれるフッ素です。

フッ素が虫歯菌の酸の酸性や虫歯菌の活動を抑制することは、科学的根拠があります。

現在、歯磨き粉をつけずに歯を磨く人はほとんどいないと思われ、歯磨きと歯磨き粉はセットのようなものですので、「歯磨きに虫歯予防効果がない」というのはちょっと無理があるかもしれません。

「歯磨き粉をつけない歯磨きに虫歯予防効果がない」でしたら、まだ分かりますが…。

しかし、たとえ歯磨き粉を付けなかったとしても、歯磨きで歯垢を落とすことにも予防効果はあります。(歯垢(プラーク)が酸を産生することで、虫歯になります。)

また、歯磨き粉をつけなくても、歯磨きをしていると自然に唾液が出ることにより、唾液の再石灰化作用で、虫歯になりかけた歯の表面を修復する作用もあります。

唾液の力↓

記事を読んでもらうには、読む人を惹きつけるためにインパクトのあるタイトルも必要なことも分かります。

しかし、ちゃんと伝わらないで誤解される方もいらっしゃるのではないかと少し気になる記事ではありました。

たとえば、歯磨きは間違いなく歯周病予防に効果があります。ですので「歯磨きなんかしなくても、歯は悪くならないんだ、よっしゃー!」って捉えられると困ります。

ということで

歯磨きに虫歯予防効果あります!(歯磨き粉をつけなくても効果はあるけれど、つけたほうがより予防効果はUP)

歯磨き粉を大人なら2センチ、子供なら1センチを歯ブラシにつけて、1日2回以上、1回2分間以上、しっかり磨きましょう。

歯磨き粉で磨いた後は、口に溜まった歯磨き粉を洗面所にしっかり吐き捨て、一切水でゆすがないか、少量の水(おちょこ一杯くらい)で1回ゆすぐ程度にすると歯磨き粉のフッ素が口に残って、予防効果が高まります。