歯医者で歯の写真を撮るのは何故?

院長の笹山です。

当院では、毎日患者さんの歯や歯ぐきの写真を撮っています。

その理由は、患者さんにご自身のお口の状態を良く理解して頂くためです。

「今、虫歯って言われたけど、穴なんか開いてたかな?」

「手鏡で奥歯を見るように言われたけど、いまいちよく見えなかった・・」

歯医者さんあるあるです。

よく分からないまま、削られたりするのは、不安なことだと思います。

私たち医療側も、患者さんに不安があったり、理解されないままでは非常に治療しづらいです。

話を写真に戻します。

写真を撮るカメラは、Panasonicのデンタルアイというペンタイプのカメラです。

このカメラで撮影するとこんな感じの写真が撮れます。

小さな虫歯削ると、虫歯が歯の中までかなり広がっていたことを、ご説明するために撮影した写真です。

歯石がついている歯を見ていただくために撮影した写真です。

(手鏡だと意外と見えにくいんです。)

このPanasonicのカメラは私が惚れ込んで導入したカメラです。

その経緯についてはこちらをどうぞ↓ どうでもいい人は飛ばしてください(笑)

https://www.sasayama-dc.com/blog/4358/

こんなカメラも使います↓

この一眼レフカメラには、他の役割があります。

でも、ほとんどの写真は前述のペンタイプカメラで撮影します。

その理由は・・

① 撮ったその場で、すぐモニターに映せるから。

② ペンタイプでスリムなので、普通は撮れないようなお口の奥までカメラを入れることが出来て、患者さんの苦痛を伴うことなく、難しい位置の写真も撮れるから。

撮った写真は、こんな風にモニターに映してご説明しています。

定期健診のたびに、一眼レフカメラでお口の写真を撮影する歯科医院もありますが、当院ではおこなっていません。

理由は一眼レフカメラで撮影するには、お口の中に撮影用のミラーを入れたり、唇を排除する器具を装着する必要があり、これが結構患者さんに苦痛を与えるからです。

また、ルーティンワークのように定期的に撮影しても、意外と患者さんに見せていない場合があるからです。

何故なら、一眼レフカメラで撮影した画像は、SDカードなどを経由させないとモニターに映せないので、とても手間がかかるからです。

その昔に勤務医をしていた頃、院長先生に「患者さんに見せない写真を撮るのはやめなさい、撮ったら必ず患者さんに見せなさい」と教わりました。

今後も歯や歯ぐきの写真を撮って、患者さんにお口の状態を分かって頂いてから、安心して治療を受けていただきたいと思います。

椅子を減らしています

院長の笹山です。

コロナ対策の一環として、待合室の椅子を一時的に1脚減らしています。

当院は小規模医院ですので、4脚全部埋まることはあまりないのですが、

やっぱり近いとちょっと気になるんじゃないかなということです。

早く平穏な日々が来てほしいものです。

当院のコロナ対策

院長の笹山です。

近々、定期健診のご予約を頂いている患者さんから

「コロナウイルスの事が気になるのですが、通院しても大丈夫ですか?」

とお電話を頂くことがありましたので、当院のコロナ対策についてご説明します。

まず当院の診療室内は半個室ですので、他の患者さんと会うことはほとんどなく、待合室も常時2人以上の患者さんがいることはありません。

換気を定期的に行い、歯科医師・スタッフは常時マスクをつけています。

ウイルスに有効な空気清浄機1台とプラズマクラスター加湿器2台、

ハンド消毒液を診療室内と待合室と計5台配備しています。

器具等についても使い捨てを多用し、器具の消毒と滅菌は徹底しています。

特に歯を削るハンドピースは衛生管理に厳しいヨーロッパの滅菌基準を満たす機械で滅菌しています。

そもそも当院では今回のコロナウイルスに関係なく、スタンダードプリコーションという考えをベースに、院内感染予防を徹底しています。

スタンダード・プリコーションとは、医療・ケアを提供するすべての場所で適用される感染予防策で、標準的予防措置策とも呼ばれます。感染症の有無に関わらずあらゆるご利用者様・患者様に対して普遍的に適用される予防策です。「汗を除くすべての血液、体液、分泌物、損傷のある皮膚・粘膜は感染性病原体を含む可能性がある」という原則に基づき、手指衛生や個人防護具(マスクやガウン他)の着用など感染リスクを減少させる予防策を示しています

安心してご来院ください^^

春の訪れ

院長の笹山です。

若干コロナ疲れ気味の今日この頃です。

気軽に外出さえ出来ない感じが疲れますね。

いつも行ってるスポーツジムも3月は休会しました。

自由に出掛けられることも、当たり前じゃない。

人生何でも勉強です。

そんななか医院近くで、しだれ桜がいい感じに咲いています。

医院玄関のチューリップも満開です。

 

春は、もうそこまでに来てるんですね。

コロナに無縁な植物に、凹んだ気持ちを盛り上げて貰いました。

来週からは、新人スタッフさんが入局してくれます。

いい刺激を頂けると思うので、新たな気持ちで頑張りたいと思います!

チューリップ

院長の笹山です。

毎年春に医院の玄関にチューリップを育てています。

スタッフが毎朝水やりをしてくれています。

最近は暖かいので急成長して、今日花が咲きました。

 

ちょっと前までこんな感じだったのに、花の成長は早いです。

見ごろは1週間程度と短いのですが、毎年春を感じる一コマです。