シリコーン入れ歯 入れ歯が痛くて噛めない方へ

 

「何回入れ歯を調整しても、痛くて噛めない・・・。」

何軒もの歯科医院で入れ歯を作り直したけれど、やはり解決しない。

そんな時の解決法のひとつがシリコーン入れ歯です。

何度調整しても、入れ歯を作り直しても痛みが取れない原因のひとつは、入れ歯を支える歯ぐき(土手)が極端にやせ細ってしまっている場合です。

その場合は固いプラスティックの入れ歯ですと痛くて噛めない場合があります。

イメージとしては裸足で木靴を履いて歩くような感じですね・・・。

素足と靴の間に中敷きのようなクッションを入れると痛くなく歩けるように、入れ歯の裏側(歯ぐきと接する部分)をプラスティックではなく、シリコーンに置き換えます。

シリコーンはこんな感じです↓

入れ歯のピンク色が薄い部分がシリコーンです。

このシリコーンがクッションとなり、痛みは激減しますので、患者さんから評価のとても高い治療法です。

シリコーン入れ歯は保険外診療です。

シリコーン部分の耐用年数は、およそ3~5年ですが入れ歯の作り直しではなく、シリコーン部分のみの張替えが可能です。

シリコーン入れ歯を装着した患者さんからは・・

「何軒も歯医者さんに行ったけれど、やっと痛くなく噛めるようになって嬉しい!」

そんなお言葉を何度も頂きました。

相談はいつでも可能ですので、入れ歯の痛みが取れなくてお困りの方はお気軽にご相談くださいね。

ユニット張替え後の患者さんの反応 ヤマグチリペアラーさん③

ユニットのシートを張り替えた後のお話です。

いつもメンテナンスでいらっしゃる患者さんを診療室にご案内した際に

患者さんから

「すいません、いつものお願いします。」

言われました。

実はこの患者さんは腰が悪くて、背中も少々曲がっておられるので、通常のシートでは辛く、いつもユニットのシートの上にマットを敷いてから治療をしていました。

そのマットはこちら↓

歯科仕様のテンピュールマットです。

これは長年使わせていただき、患者さんにも大変好評です。(しかし、かなりお高いです…。)

私が「少し前にシートの張り替えをして低反発シートに変わりましたので、とりあえず寝てみてもらっていいですか?それで痛かったら、いつものマット敷きますね。」とお伝えし、テンピュールマット無しの状態で寝ていただいたところ・・

患者さんから「これはええわ。これはええ。」とテンピュールマット無しでも何の問題もなかったようで、とても喜んでいただけました。

テンピュールマットの弱点は上にマットを敷くだけなので、患者さんがユニットの上で体を上下する時に、やや体を動かしにくいということがあります。

今回の低反発はユニットのシートそのものですから、そういうことはありません。

低反発張替え、いいです。おススメします。

台風19号

台風19号の朝。

診療室の玄関がこんな事に・・・

大切な植木が・・。

昨日のうちに片付けておくべきでした・・。

幸い大きなダメージではなさそうでしたので、台風の風が直撃しない場所に避難させておきました。

台風の影響で本日午後は休診とさせていただきました。

雨風の中、午前中に来院してくださった皆様ありがとうございます。

歯科ユニット張替え ヤマグチリペアラーさん②

2週間前のブログ↓

ユニット張替え ふわもこのヤマグチリペアラーさん①

年内にユニットの張替えを行う予定と書きましたが「善は急げ」ということで、今週早速張替えをお願いしました。

今回はヤマグチリペアラーさんの看板メニュー”ふわもこ”ではなく、”低反発4㎝”という張替えメニューです。

通常ヤマグチリペアラーさんでは2つのメニューがあります。

1つは通常の張替え(ウレタンを多めにいれる)

2つ目は”ふわもこ”です。

今回はそれとは別で低反発ウレタンを多くにいれた特殊仕様にしていただきました。

ヤマグチリペアラーさんのホームページの低反発仕様の紹介はこちらから↓

https://repairer.ocnk.net/diary-detail/140

ヤマグチリペアラーさんのショールームに見学に行かせていただき、実際に自分で寝たり、座ったりを繰り返して、自分の医院には低反発が合っていると思い、決めました。

 

張替え前↓ 普通のレザーです。

 

張替え後↓  今回は明るいブルーにしてみました。

張替えた結果…

まず寝心地が抜群に良くなりました! ( Drチェアも併せて張替えをお願いしました。)

当院はユニットが3台あり、今回は2台の張替えをお願いしましたので、元々のユニットが1台残っています。

張替え後にそちらと寝心地を比べてみたので、通常のレザーと低反発の寝心地の違いをしっかりと実感出来ました。

「善は急げ」のつもりでしたが、もっと早くすれば良かったと思うぐらいです。

これで「腰が痛い」「背中が曲がっている」など態勢が辛い方にも今までより楽に診療を受けて頂けるようになりました。

もちろん、そうでない方にも寝心地が良く快適に診療を受けていただけると思います^^

張り替えして下さったヤマグチリペアラーさんは応対が丁寧で、時間もしっかり守って頂きました。

診療後の30分で取り外しと診療開始前の取り付け、それぞれ30分程度で作業は終わりました。手際がよく早かったです。

丁寧なご対応、迅速な張り替え、ありがとうございました!

フルジルコニアの審美性を検証

当院のフルジルコニア治療の話です。

最近は透明感のあるフルジルコニアが普及して来ており、色調がひと昔前と比べて随分と良くなっていますが、透過度が強いがゆえのデメリットも生じています。

透明度が強いフルジルコニアは、一見天然の歯に近く見えて美しいのですが、ケースによってはそれが仇となってしまう場合があります。

下の2枚の画像は2種類のフルジルコニアを仮に装着した写真です。

透明度ゆえのデメリットを検証するために、撮影時のフラッシュと露出を抑えていますので、暗い画像となっています。

透明度の強いフルジルコニア↓

透明度をやや抑えたフルジルコニア↓

歯の裏側は暗いお口の中です。

特に上の前歯の裏側から喉に至るまでは暗い空間が続きます。

上の前歯に審美性を高めようと透明度の強いジルコニアを選択すると、ケースによっては口腔の暗さをジルコニアが拾ってしまう場合があります。(バックの暗さが透けてしまうとでも言いましょうか・・。)

上のケースの場合は透明度の高いジルコニアでは暗くなってしまうので、透明度を抑えたフルジルコニアに変更しました。

ちなみに画像をご覧になって 「この差し歯、ちょっと白いんじゃない?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、この患者さんは白い歯をご希望されたので、色味はあえて白っぽい歯を選択しています。

その辺りも含めて、自費診療に限らず患者さんのご要望を常にお聞きし、確認を取りながら診療を進めています。

当院はジルコニアを導入して10年近く経ちましたので、トライ&エラーを繰り返しながら、かなりの臨床データを蓄積してきました。

ちなみにエラーは、このケースのように装着する前にしっかり解決しております。

今後も蓄積したフルジルコニアの臨床データを患者さんにしっかりと還元し、長期に安定する審美歯科治療を提供していきたいと思います。