押し花作品

待合室の押し花作品が新しくなりました。

青と紫の中に差し色で赤が入ってとても綺麗です。

押し花教室の先生でいらっしゃるTさん、季節ごとに作品をお持ちいただき恐縮です。

いつもありがとうございます。

患者さんからも好評でありがたいです。

過去に飾らせていただいた作品の一部です。 全部ご自身で育てられた草花を作品にお使いになっているところも凄いです。↓

 

 

歯磨き後、何回ゆすぐ?

 

日本人の虫歯は年々減っていますが、

先進国の中ではまだまだ多いほうです。

そこで虫歯をもっと予防するにはどうしたらいいか?

虫歯が減ってきた大きな要因は、歯磨き粉に含まれるフッ素です。

そして、フッ素入りの虫歯歯磨きをした後に、お口をゆすぐ回数がその予防効果を左右します。

こちらをご覧ください↓

                                            NHKためしてガッテンより引用

たった1回ゆすいだだけで、お口に残るフッ素濃度が、3分の1にまで減っているのがお分かりでしょうか?

究極の虫歯予防方法は

「フッ素入りの歯磨き粉で磨いたら1回もゆすがない!」

です。

口に溜まった歯磨き粉は、洗面所で吐き捨てるだけにして、水でゆすぎません。

すると、こんな疑問が湧くかもしれません。

① 「磨いて取れた菌が、口に残っていても大丈夫なの?」

② 「残ったフッ素を飲み込んでも中毒にならない?」

 

①については、既に歯から菌は剥がれていますので、唾液で洗い流されますし、飲み込んでも胃酸で死にます。」

②については、フッ素が残っていても、すぐに唾液で薄まりますので、吐き捨てた後に残った程度の量では中毒になりません。

以前、このブログでゆすぐのは2回までと書いたのですが、予防歯科の先進国スウェーデンでは、「ゆすがない」が提唱されており、子供から大人まで虫歯ある人はほとんどいません。

私も「ゆすがない」を実践していますが、低研磨剤・低発泡剤・低香味の歯磨き粉なら

泡立ちも少なく、味もヒリヒリしないので、ゆすがなくても然程違和感はありませんでしたので

すぐ慣れると思います^^

以上 歯磨き後、何回ゆすぐ?でした。

皆様の歯の健康に少しでも役立てばと思います。

一番気になることは解決してもらえましたか?

私が歯科医になりたての頃に、尊敬する歯科医の先生に教わった言葉があります。

「主訴は1日で解決する」

主訴とは「患者さんが一番に気になっていること、治したいこと」です。

実際の診療では主訴を1日で解決できないことも多いのですが、たとえ解決できなくても道筋(治療計画)を示すことは出来ます。

この「主訴の解決」をしないで、他の歯から治療するのは、患者さんの希望に答えていないことになります。

理由や根拠があって、他の歯から治療するにしても、患者さんが納得できる理由が必要だと思います。

 

先日、新規でいらした患者さん。

お口の事で10年近く気になっていることがあり、色々な歯科医院に行かれたのですが、解決せずに当院にいらっしゃいました。

話を伺い、解決の可能性はあると診て、治療を開始しました。

患者さんの話をよくお聞きすること、様々な知識と診断力を持つこと。

大切なことです。

そのうえで診断がつかないことと、知らないから診断がつかないことは、かなりの違いがあります。

当院のスタッフにも、あらためて知識の重要性について話をしました。

 

私が歯科医になりたての頃の話なんですが、まだ実践的な技術も無く、知識も少ない、おまけに童顔で、声も高くて説得力が無い、と患者さんから信頼される要素ゼロの歯科医師でした。

患者さんから「こんな若い先生で大丈夫かな?」という目で見られたこと、数知れず。

実際に患者さんから「院長に変わって欲しい」と言われてしまったこともあります。

それでも技術はすぐには身につかない、老け顔になれない、声も低くできない。

そこで、とにかく知識を増やし説明だけはきちんとできるようにと努力しました。

知識を増やすために母校の大学の図書館で参考書を借りたり、参考書をコピーして通勤電車で毎日欠かさず読みました。

休日を利用して数え切れないほどセミナーにも参加しました。

今でもあの頃に学んだ知識は、頭の中にしっかり残っています。

話は少しずれてしまいましたが、主訴を解決するには知識も大切であることをお伝えしたかったのです。

誰に向けた内容なのか、良く分からない文面になってしまいましたね^^

ペーパーモービル

 

結構前の話ですが、受付カウンターにペーパーモービルを吊るしてみました。

紙製で軽いのでエアコンの風でゆらゆら揺れて、なかなかいい感じです。。

大きくて主張のある飾り付けや置物は苦手なので、当院は小さな雑貨がちょこちょこ置いてありますので、来院された時は、チェックしてみてください。隠れミッキーではないですが、「こんなとこに!」な小物、結構あります(^^)

学校検診で歯並び・咬みあわせに引っかかったら・・

先日、歯科医師会の公務で小学校の歯科検診に行ってまいりました。

毎年思うのですが、歯並びの悪い子供が増えています。

原因には諸説ありますが、鼻疾患による口呼吸、食べやすい食事の普及、食事の仕方が原因ではないかといわれています。

現代の食卓といえば・・

やわらかくて、あまり咬む回数を必要としない食事と、食卓に並ぶ飲み物。

テレビのグルメロケでも「やわらか~い」は料理を褒めるコメントとして多用されています。

昔の食事は咬む回数が多くないと飲み込めないものが多く、味噌汁やスープがあれば、食卓に水やお茶はありませんでした。(昭和の話です・・・)

つまり咬む回数が少ないうえに、水やお茶で流し込むので顎の発達が悪くなり、歯が並びきらなくなるのです。

悪くなった歯並びは自然に治ることはほぼありませんし、成長において様々な弊害があり、虫歯・歯周病や顎関節症になりやすくなるともいわれます。

学校検診で歯並びや咬みあわせを指摘された場合は、治療が必要かだけでも歯科医院で診査してもらうことをおススメします。

当院では小児矯正をおこなっており、床矯正といわれる拡大床を用いた治療やプレオルソなどで子供の歯並びや咬みあわせを改善する治療をおこなっています。