カテゴリー別アーカイブ: 予防歯科

歯周病になりやすい場所

歯周病になりやすい場所?

「は?」「口でしょ?」

そうなんですが・・・(^_^;)

その口の中でも歯周病になりやすい場所となりにくい場所があるんです!

歯周病は歯と歯茎の境目から進行しますが、歯と歯ぐきの境目でも場所によって歯周病のなりやすさが違うんです

①歯の表側の歯と歯茎の境目

②歯の裏側の歯と歯茎の境目

③歯と歯の間の歯と歯茎の境目

一番なりやすいのは③の歯と歯の間の歯と歯茎の境目です。

「歯間部 コル」の画像検索結果

この歯と歯の間の「コル」といわれる「くぼみ凹」が歯周病菌の溜まりやすい場所です。

 他の場所と比べて歯周病に2.5倍なりやすいというデータもあります。

とくに30代を超えると歯と歯の間が多少空いてきて、歯に食べ物が挟まったりしやすくなります。

この時点で歯間ケアを始めるのがベストです。

しかし今まで歯ブラシしかしてこなかった人が、歯ブラシより使いにくい歯間ブラシやフロスを使っても挫折する方が結構多いんです。

そんな場合にはまず「取っ手付きのフロス」から始められるといいと思います。

「Y字フロス」の画像検索結果

「Y字フロス使い方」の画像検索結果

ultra_floss_01ultra_floss_01

欧米ではセルフケアにフロスや歯間ブラシを使うのは当たり前。日本は何故か使用率が低いんです。

1日1回夜の歯磨きの後にするだけでも、むし歯と歯周病予防に大きな効果がありますよ!

多め?少なめ?あの量

歯磨き粉の量ってどれくらいがいいのでしょう。

一昔前に言われていたのは、多く盛ってしまうと泡立ちが多くなり、磨けていないのに磨けたつもりになるので「少なめ」がいいといわれていました。

しかし今は違います。最近の歯磨き粉は低発砲の物が増え、フッ素も適正量入っている物が多いので

多少多めの方がフッ素がお口に残ってよいとされています。

下の図をご覧ください。

DSC_0550

これが適正量です。

しかし歯磨きすると唾液などでフッ素は薄まりますから、この倍くらいでもいいと考えています。

そして磨いた後にあまりゆすがないようにすることもフッ素をお口の中に多く残すコツです。

なるべくゆすがないようにするのに有効な歯磨き粉は

①泡立ちが少ない → 泡立ちが少ないとすすぎが少なくて済みます。

②味が薄め → 味が濃い(ミント成分などが強い)としっかりゆすがないとピリピリします。

③研磨剤が少ない → 研磨剤の粒子が多いと口の中に残るのでゆすぐ回数が多くなります。

以上①~③を兼ね備えた歯磨き粉は歯科医院で扱っていることが多いです。

当院でも目的に合わせた予防グッズが各種取り揃えています。お試しも可能ですよ。

 

 

 

 

DIY

急に寒くなってきましたね。

年始に立てた仕事の目標は約6割達成。今年はあと2か月しかない(^_^;)

年末までに7割は達成したいです!

スタッフの皆さんに支えられて頑張っています。

受付の横に作ってみました↓ ほぼDIYです。

dsc_0325

治療するか迷う虫歯

治療するかどうか迷う虫歯にCO~C1といわれる虫歯があります。

虫歯の深さについてはこちら ↓

 

 

c0-4

COは削りません。予防で充分に管理できます。

C1は浅い虫歯です。自然に治ることはありませんが、しっかりメンテナンスしていれば進行が停止することがあります。

ただC1に見えても実は下の方まで進んでいてC2という場合もあります。特にお子さんの初期虫歯に多いです。

レントゲンで診断もできますが、C1とC2の中間ぐらいの浅い微妙な深さだと、レントゲンでも診断が付かない場合があります。

そんな時はどうするか?

とりあえず削ってみる?

歯は1回でも削ると寿命が短くなります。メンテナンスで進行を停止出来るなら、なるべく削りたくないものです。

経過観察する?

もしC2だった場合は経過観察していては虫歯はどんどん進行してしまいます・・。

治療するかどうか迷う虫歯。。。

そんな時はダイアグノデントペンという診断器具を使います↓

DSC_2967

虫歯に部分にレーザー光を照射して虫歯の深さを削らずに測定することが出来ます。

レーザーといっても無痛で歯に影響は全くありません。検査自体は1分もかからず終わります。

dp2-600x346

この機器を使用することで初期虫歯の診断精度が向上します。

(削らなくても良いと診断されても定期的に変わりがないかチェックすることが大切です^^)

MISOKA歯ブラシ

ちょっと前にLOFTで試しに買ってみた歯科グッズ。

MISOKAという歯ブラシ

テレビなどで名前は聞いたことがあったのですが、どんな歯ブラシか知らないので購入して使用してみました。

箱に入っている歯ブラシは初めてです・・

DSC_0150

歯ブラシの見た目は、いたって普通です。ヘッドもコンパクトで磨きやすそう。

DSC_0148

 

特徴は毛先を様々なミネラルでナノコーティングしていて人体に無害な歯ブラシだそうです。

使ってみての個人的な感想です。

まず見た目通りコンパクトで取りまわしが良く磨きやすく、毛の部分が柔らかいので歯ぐきに当たっても痛くないです。

Amazonのレビューでは高評価が多かったのですが、自分にはこの毛の柔らかさはちょっと物足りないですね。

歯周病で歯ぐきが腫れて出血する場合などにはこのぐらいの柔らかさがいいと思うのですが、通常の歯磨き使用においてはもう少し毛の硬さがあってもいい気がします。

値段なんですが。

なんと。

1本1080円!!!

 

説明書きには1か月で交換をおススメされていましたが、この値段なら半年は使いたい気がします(^_^;)