歯科拡大鏡(ルーペ)選び。サージテル、カールツァイス、ハイネどれがいい?*歯科医向け

院長の笹山です。

私は日々の治療で常にルーペを着用して治療しているのですが、先日新たなルーペを導入しました。

ハイネというドイツのメーカーのルーペで倍率は6倍です。

私は現在、ハイネ1台(2.5倍)(今回の6倍で2台目)とカールツァイス1台(8倍)、サージテル2台(3倍と6倍)を所有していますので、歯科医の方でルーペ選びで迷っている方は少し参考なるかと思いブログ記事にしました。

それでは3社の良い点と気になる点をそれぞれ示します。(感想は個人の主観です。画像はデモ機も含みます。)

①サージテル (オークリーフレームタイプ)

良い点

1)装着感が一番良い。倍率が上がって重くなっても、フレームで耳や鼻が痛くなりにくい。

2)見た目が洗練されていてカッコいい(結構大事な要素です)

気になる点

1)サージテルは低倍率2.5か3倍なら正直他の安いメーカーとそれほどの違いを感じられない。

2)鼻の眉間より下の部分がアジア人は低いので、欧米人用に作られたオークリーフレームではノーズパッドを別途購入しないと鼻からずり落ちやすい。

3)倍率の基準が独自。例えばサージテルの6倍だと一見高倍率に感じるのですが、カールツァイスに換算すると3.5倍にくらいに相当します。サージテルの10倍は使ったことがないのですが、多分ハイネの6倍と同等かそれより少し大きく見える程度だと思います。

4)値段がややお高い…。

 

②カールツァイス

フレームタイプ

ヘッドバンドタイプ

フレームタイプ

良い点 

1)他の2社と比べて明らかに視野が広い。視野が広いと隣在歯もよく見えるので、咬合平面など周りとのバランスを見る時に分かりやすい。

2)レンズが他の2社より明るい。また、2社と比べてレンズの外枠が視界に入りにくいので使用中に気にならない。

気になる点

1)ヘッドバンドタイプは上顎前歯舌側や上顎臼歯口蓋側を覗き込んだ時に、少し安定が悪く、ずれることがある。バンドをきつく締めても起こるので、こまめにズレを元に戻さなければならないことがある。

2)フレームタイプの場合、レンズがケプラー式で重いので、長時間装着すると鼻の部分が痛くなる。また本体が重いので、装着しない時は首にぶら下げておくのですが、重さで胸の前で揺れるので少し気になります。サージテルは軽いので、首からぶら下げても気になりません。

③ハイネ(ヘッドバンドタイプ)

良い点

1)ヘッドバンドの安定性が抜群にいい。顔を傾けても、覗き込んでも、ずれない。

2)ライトが明るく、ライトを照らす範囲や明るさもヘッドバンドで調整できる。

3)倍率が6倍まである。サージテルの10倍に相当すると思いますが、サージテルはゴーグルタイプになるので、レンズの重みで前後バランスが悪くなり、鼻や耳が痛くなりそうです。サージテルの6倍を所有していますが、6倍でもそう感じました。ハイネのヘッドバンドタイプは、後頭部にあるライト用のバッテリーと、前のレンズ部の前後の重量バランスを考えて設計されているので、そのようなことがありません。

気になる点

1)最初のセッティングが難しいです。動かせる関節が多いので、細かく調整出来、自分仕様に合わせることが出来るのですが、どこを調整したらちょうど良いのか掴めるまで非常に時間がかかります。この調整が上手くいっていなくて「どうもよく見えないな。」と誤解されている先生もいるかもしれません。ちなみに私は2時間くらいかかりました…。

2)付属のライトがルーペと同軸ではない。調整してネジで固定すればいいだけなのですが。

3)ヘッドバンドタイプはややごつく、頭に着けたまま、常時使用するには向かないと思います。これを装着したままユニット間を移動したりするのは、ちょっと邪魔になります。ここぞという時(CRや形成の仕上げ、繊細なオペなど)に使いたいです。

今回ハイネの6倍を購入した理由としては、

「姿勢を変えて覗き込んでもズレずに安定性がある高倍率のルーペが欲しかったから。」という理由が一番です。

3社の中での初めてのルーペを選ぶとしたら、お勧めはカールツァイスのフレームタイプの3.5倍です。

レンズの明るさ、本体の重さ、装着感の全てのバランスが良く、とても使いやすいです。

 

3社ともデモ機の貸し出しが可能ですので、色々借りて試してから決めるのがいいと思います。

カールツァイスは材料屋さん経由で無料で借りられます。

ハイネは5,000円程度で1か月近く借りれるので良心的です。

サージテルは1週間で16,500円です。 *貸し出し価格は2022年8月13日 現在

 

その他のルーペ

3倍以下の倍率なら3社から選ばずに、Ciメディカルのルーペで十分だと思います。

私も普段はCiメディカルの3倍ルーペがメインです。

高倍率のルーペを常時使用すると目を消耗します。目は消耗品ですので、大切にしなければなりません。低倍率と高倍率を上手く使い分ける方がいいと思います。

普段使いの低価格の色々なルーペを試してきましたが、このCiのルーペは本当にコストパフォーマンスがいいです。軽いし、視野も広いし、明るいです。そのためサージテルやハイネの低倍率はお蔵入りになりました。

クリアビュールーペ TTLタイプ 3.0倍(ウエリントン) 

こちらもデモ機の貸し出しが出来ます。

TTLタイプ(スルーザレンズ)は瞳孔間距離を合わせなければならないのですが、52ミリ~62ミリまでの6種全サイズをまとめて3日間程度無料で貸し出してくれるので、自分にあった瞳孔間距離を選べるというありがたいサービスがあります。

以上「ルーペの選び方、サージテル、カールツァイス、ハイネどれにする?歯科医向け」でした。

ルーペ選びの参考になれば幸いです。

宝塚市の歯医者 笹山歯科医院

患者さんにご指摘いただき改善したこと

院長の笹山です。

今年も細々とブログを書いていきます。

今回は患者さんにご指摘いただき改善したことの話です。

いきなり話は変わりますが、私は去年から、ほぼ全ての治療においてメガネタイプのルーペ(拡大鏡)を装着して治療しています。

こんな感じです↓

ルーペを装着すると、歯やお口が拡大して見えますので、正確な診断や精度の高い治療が可能となります。

たとえば、ルーペを使うと、歯がよく見えるので虫歯が発見しやすくなり、虫歯を治療する時も健康な歯を削らずに虫歯だけを綺麗に取りきることが出来ます。

小さな穴の虫歯を削ると、神経ギリギリまで到達する虫歯だったケース↓

ルーペは今までも要所要所で使っていたのですが、去年からは例外を除いてほぼ全ての治療に使っています。

その理由は…

実は私が担当した患者さんから、歯石を取り残していたことをご指摘いただいたことがありました。

確認させていただいたところ、確かに取り残しがありました。

私は元々目が良いほうで、普段は裸眼で過ごせるくらいですので、歯石取りに関してはルーペをほとんど使っていませんでした。

自分の視力を過信していたのだと思います。

やはりこういうことではいけないと思い、歯石取りにもルーペを使うようにしました。

それからは、一部の治療だけでなく、被せ物の調整や、歯型採りなど、今まで使用しなかった治療においても、使用するようになり、結局ほぼ全ての治療に使うようになりました。

使用頻度がどんどん増えた理由としては、やはりどのような治療においてもルーペの方が良く見えると実感したからです。

3年くらい前まではルーペを長時間使うと、頭がクラクラしたり、目が痛くなったりすることがあったのですが、今はその時と同じルーペを使っても、そんなことはありません。

やはり「もうルーペを使わないとダメだよ。」ということなんだと思います。

実は、年配の歯医者さんの引退理由で意外と多いのが

「目が良く見えなくなった。」

なんです。

人間ですので、視力も年と共に衰えていきます。日常生活での視力に問題はないのですが、歯医者の仕事は、数ミリ単位、細かくはミクロン単位の仕事です。

元々、光が届きにくく、暗く狭いお口の中で「良く見えない。」というのは歯科医にとって致命的なことです。

「見えなくなる」という、キャリアを積んだ歯科医なら誰もが直面する問題をルーペで補うことが可能な時代になりました。

更に高倍率のルーペを使用すれば、”補う”以上の効果があります。

高倍率ルーペは肉眼では見えないものを見ることが出来ます。

そこで新たに高倍率のルーペも導入しました。

カールツァイスという一眼レフやビデオカメラ、双眼鏡に使用されるレンズメーカーのルーペで倍率は8倍です。

もはやルーペといいますか、メガネに双眼鏡をつけたような外観になっています。

レンズ部にかなり重みがありますので、ただメガネをかけるように装着しただけですと、鼻の下にずり落ちるので、後ろの紐でしっかり後頭部に固定し、耳の後ろにゴム製の引っ掛けをつけなければなりません。

こちらの8倍モデルは今は製造中止になっており、特注でも5倍までしか販売していません。

その理由は、倍率の高いルーペは扱いが難しく需要が無いからだそうです。

なぜ高倍率のルーペだと扱いが難しくなるかといいますと、倍率が上がると、よく見えるようになる反面、ピントの合う範囲が狭くなります。

この8倍ルーペではピントの合う範囲は1㎝ぐらいなので、術者の顔が少し動くとピントが合わなくなり、視野がぼやけます。そんな感じですので、使いこなすには結構な訓練が必要そうです。

ですので、こちらのルーペは、今のところ、従来のルーペでは確認しづらい部分を確認するために使用しています。

たとえば、歯のヒビの有無や、細かい虫歯の取り残しの有無、歯の根の治療の際の根管の確認など肉眼では確認しづらい部分です。

この8倍のルーペのレンズを通して歯を見ると、どんな感じに見えるかといいますと、1本の歯は岩のようにそびえ立って見え、肉眼では見えない歯の凹凸や細かい溝など表面性状が見え、歯ぐきをみると、細かい毛細血管まではっきり見えます。

とにかく良く見えます。

少しずつこちらの8倍ルーペの使用頻度も増やして、より良い診断や治療に繋げられるようにしたいと思います。

以上「患者さんにご指摘いただき改善したこと」でした。

今回もご覧いただきありがとうございました。