診療室の出来事」カテゴリーアーカイブ

衛生士学校の学生さんが見学 

今日は午前中に歯科衛生士学校の学生さんが診療見学に来てくれました。

遠方から泊りがけでいらして、当院を含めて4軒の歯科医院を見学するそうです。

この時期に意欲的に就職活動する学生さんは珍しいので立派だなと思いました。

しっかりとビジョンを持っておられたようなので、ご縁があればと思います。

学生さんにも話したのですが、良い就職先を見つけるポイントはなんでしょう。

私が思う4つを挙げます。

① 衛生的で滅菌をしっかりしている

滅菌は患者さんの目に見えないものです。

どれだけ滅菌しても治療費を多く頂けるわけではありませんし、手を抜こうと思えばいくらでも抜けます。

目に見えないものにどれだけコストと時間をかけるか?

滅菌は自分達の仕事に誠実であるかが問われる作業だと思います。

② 口腔内写真を撮っている

記録を残すことは大事です。 自分の臨床レベルをあげるためと患者さんへプレゼンするためです。

③ 歯科衛生士の予約が独立している

治療の”ついで”ではなく、歯科衛生士だけの予約枠があることは大事です。

まず施術に集中できます。

そして自分の予約枠なので、責任を持って仕事に取り組むことができます。

④ 相互実習など成長のためのカリキュラムがしっかりしている

就職して、すぐスケーリングをさせられたりする医院もあるようですが、当院はそうではありません。

段階を踏みながら少しずつ患者さんに触れてもらうようにしています。まずはスタッフ同士の相互実習からです。スケーリング・PMTC・印象採得など全てです。

まとめ

最初に勤める医院はとても大事

最初の医院で体に染み付いたことは自分の仕事の基礎となります。

後から基本に戻ることはなかなか難しいものです。

少し苦労をしてでもしっかり基礎を身につけるのか?それとも・・。

 

 

 

台風の影響

昨日は台風の影響のより午前中で診療を終えました。

午前の診療を終え、スタッフが帰り、医院閉めた頃に猛烈な雨風が始まりました。

10メートル先の視界が怪しいくらいで、なかなかハードでした。

今朝は診療室に台風の影響が出ていないか見に行きました。

医院周りもは特に問題なく、コンピュータ等も異常なく起動しましたのでホッとしました。

帰りに伊丹方面に用事があり、車で通ったのですが、信号機が停電している箇所が何箇所もありました。至る所に折れた木や物が散乱しており、工事車両も多かったように思います。

一夜明け大変な事態になっていることを実感しました。

一刻も早い復旧を願います。

本日は休診日でしたので、明日より通常通り診療いたします。

 

後半戦スタート

お盆明けは15日から診療を再開しています。

歯周病治療をご希望の新規の方が多く来院されています。

30年ぶりの歯科の方、治療途中で転院されて来られた方など様々です。

お盆休みは北で過ごしました。キレイな空気を吸って癒されてきました。

しっかりリフレッシュ出来ましたので、後半戦もしっかり患者さんと向きあいながら診療していまいります。

DSC_4834

DSC_4835

DSC_4842

 

 

 

 

 

前半戦終了

前半戦の最後の診療日を終えました。

オールセラミックブリッジやジルコニアオールセラミックの本セットなど盛りだくさんの診療内容でした。

先日導入したミニブラスター(1つ前のブログで紹介)でしっかりサンドブラスト処理をおこない、セットできました。

DSC_4824

長期休暇前の診療日の終わり方ってとても大事です。

何か気になることが残ったままだと、休み期間中も心が休まりません。

今回は幸運な事に特にそういう事もなかったので良かったです。

しばしの休憩に入ります。 明後日から北に向かいます。15日(水)から診療を再開します。

DSC_4720