カテゴリー別アーカイブ: 歯科情報

大人の虫歯 ~隠れ虫歯編~

台風一過の月曜日。

晴れ間が広がり気持ちいいですね。

さて、今回は隠れ虫歯のお話です。

2本の奥歯のうち小さい奥歯が虫歯です。

どこだか分かりますでしょうか?

171021-001

少し削った状態から治療が終わるまでの流れを見てみましょう!

171021-002だんだん茶色の虫歯が見えてきました

171021-003

これが虫歯の本丸です

171021-004最初の画像からこんな虫歯が潜んでいたなんて想像できますか?

171021-006

治療後です

171021-008

削った穴を歯と同じようなプラスティック(コンポジットレジン)で詰めて1回で治療を終了しました。

*ちなみに歯の溝の茶色い部分は、進行の停止しているごく浅い虫歯ですので削っていません。

歯科医も何年も経験を積むと穴が開いていなくても、このような隠れ虫歯があることが見て分かります。

透視することが出来るようになるんです・・

というのは冗談で、歯の間が虫歯になると歯の表面が若干濁ったような色に変わるんです^^

その微妙な色の変化を見逃しません。

確認のためにレントゲン写真を撮ったところ、やはり歯の間に虫歯がありました。

このような隠れ虫歯に、患者さんがご自身で気づくことはほぼ不可能です。

定期検診や他の歯の治療で来院された時に、偶然発見されることがほとんどです。

患者さんが気づく頃には大穴が開いて、凍みたり、痛みを感じたりするまで進行してしまっていることがほとんどです。

そうすると処置も1回では終わらないことがあり、なかなか大変なことになります。

当院では「視える・分かる・納得できる」の治療を心がけていますので、見えづらい分かりにくい部分の治療にはこのような写真を撮影して患者さんにお見せしながら治療しています。

もうすぐ11月。

11月8日は、いい歯の日。

定期検診受けていますか?

 

 

 

 

 

プレオルソの効果 受け口 出っ歯

DSC_0554

プレオルソというマウスピースタイプの矯正装置の効果についてです。

6歳のお子さん。

DSC_3700

前歯が乳歯から永久歯に生え変わるタイミングで受け口になってしまったケースです。

上の大きな前歯の先端が下の前歯の内側に入ってしまっているのが分かりますでしょうか?

プレオルソを装着して1か月。

DSC_3747

すでに歯並びが改善しはじめています。

そして2か月後

DSC_3895

上の前歯の先端が下の前歯の外側に位置しているのが分かりますでしょうか?

生え変わりの時期は歯が動きやすく、顎の骨も柔軟性があるのでケースによってはこれほど早く改善されます。

上の前歯はすきっ歯になっていますが、後に自然に治ります。

逆に下の前歯の歯と歯の間の隙間が治療前と比べて無くなっているのがお分かりでしょうか?

これはとてもいいことです。

横からも見てみましょう

治療前

DSC_37012か月後

DSC_3897

これだけ早く効果が出たもうひとつの理由。

それは、プレオルソの装着時間や装着方法をしっかり守ってくれたことです。

いわゆるワイヤー矯正(針金を歯につける矯正)は取り外しできないので、時間さえたてば歯は動きます。

「歯 矯正 画像 フリー」の画像検索結果

このマウスピースは正しく装着しないといつまで経っても治りません。

マウスピースタイプの矯正のコツはとにかく装着時間と方法を守るということですね。

プレオルソはただ歯並びを改善するだけの装置ではありません。

歯並びが悪くなってしまった原因である舌の位置や口呼吸なども改善してくれます。

お母さんにも大変喜んでいただき何よりです。

まだ改善途中ですので引き続き装着していただきますが、経過は良好そうです^^

 

 

隠れ虫歯にご用心×大人の虫歯

今日は運動会が多いみたいですね。

体操服を着た子供たちを見かけました。

こんないい天気の日は芝生のある大きな公園にレジャーシートを広げてボケーッと寝転がってたいです。

仕事をしているのが悔しい(^_^;)

さて本題です。

この大きな奥歯に虫歯あります。分かりますか?

元々、CRという詰め物がしてあり、境目が茶色くなっていますが、ここは虫歯ではありません。

170930-005

答えはこちらです↓ 少し削ったところです。歯と歯の間から虫歯になっています。

170930-006

 

虫歯を取り切ったら・・こんなに大きな穴が・・ここまで大きくても「痛い」「凍みる」などの自覚は無かったそうです。

170930-007中が暗く見え、虫歯が残っているように見えますが、完全に取りきっています。

 

神経を保護する処置を行った後、詰めました。

170930-0091回で終了です。

この虫歯のように、パッと見て上から穴が開いていない歯と歯の間に虫歯が出来た場合は無症状で進んでしまう事が多いです。

この患者さんは今回定期検診にお越しなったので発見出来ましたが、このまま発見されなかったら、ある日ドンっと穴が開いて、痛くなって、神経を抜くことになっていたかもしれません。

当院では奥歯など手鏡などで見せられても分かり辛い歯の治療の際は小型カメラで撮影し、「治療の視える化」をおこなっています。

以上隠れ虫歯にご用心でした。

知覚過敏を放置すると・・

今月はなんだかんだと忙しくて4回しかスポーツクラブに行けませんでした(T_T)

週2回の月8回が目標なので半分しか行けませんでした。

連休に遠出したり、体調を崩したりしたのが原因です。

今週からやっと通常の診療日程に戻りますので、来月はしっかり通いたいと思います!

さて・・

知覚過敏は冷たい物や熱い物が凍みるのが症状の病気です。0934030005_s凍みる=虫歯がある

一般的にはそう思われがちなのですが、

知覚過敏の原因のほとんどは、歯ぎしり・食いしばり・噛みしめ・歯周病のどれかに当てはまります。

0904020001_s

知覚過敏の治療は凍みる場所に薬を塗ったり詰め物を詰めます。

歯周病が原因の場合は歯周病の治療もします。

歯ぎしりや噛みしめが原因の場合はかみ合わせを治したり、マウスピースを作ったり、自己暗示療法を指導します。DSC_1172

知覚過敏の原因が虫歯でないことを説明しても半信半疑の患者さんもいらっしゃいますが

ちゃんと処置すれば、1~3回くらいですっかり治まります。

患者さんは虫歯が原因でないと分かってホッとするのですが、

知覚過敏を甘く見てはいけません。

ちゃんと治療をしないと最悪の場合、歯の神経を抜かないと凍みるのが治まらないほど悪化してしまう場合もあります。

ですので凍みる人用にシュミテクトなど知覚過敏用の歯磨き粉も市販されていますが、ご自身で診断せずに、まずは何が原因で凍みているのか歯医者さんで診てもらいましょう。

メール相談

本日はメール相談から患者さんが来院されました。

通院中の歯科医院で治療した歯の抜歯を薦められて、他に方法がないかとメール相談をいただき、その後来院されました。

詳細は避けますが、本日は問題の歯の検査を行い、検査結果から考えられる治療方法をご説明しました。

抜歯した場合、その後どういう治療方法があるのか、抜歯しない場合はどんなデメリットがあるのかなどを歯の絵を紙に書きながらご説明しました。

説明後、今回はしばらく様子を見たいとの御意向でしたので、特に治療もせずに終わりましたが、説明にご納得していただけたようで笑顔でお帰りになられました。良かったです。

医療事故や紛争に関する原因追及などのご相談はお受けできませんが、当院に通院をご検討の方で治療方法等でお悩みがありましたら、メール相談もご利用いただければと思います。

今日はたまたま以前にメール相談から来院された方も検診でお見えになっていました。

フルジルコニアクラウンを装着した方ですが、問題なく機能しています。

「メール イラスト フリー」の画像検索結果