カテゴリー別アーカイブ: 歯科情報

被せ物を長持ちさせるために (ジルコニア内面の傷)

もうすぐお盆休みですね。

一時の暑さが少し和らいで嬉しいです。

先日、新たな診療用装置を導入しました。

ミニブラスターという器具です↓

DSC_4819 - コピー

金属やセラミック、ジルコニアを使った被せ物を歯に装着する際に用います。

被せ物の内面に、この装置でアルミナパウダーを吹き付けると被せ物が取れにくくなります。

現在の歯科用接着剤は品質が向上し、強力に接着するようになっていますが、更なる接着力を期待したい場合に有効な装置です。

————

ここからは歯科医向けの話です。

ジルコニアやプレスセラミックの内面から仮着剤を除去する際に、黒い引っ掻き傷がついて困ったことはないですか?

この傷を残したままセットすると黒い傷が透過して補綴物が暗くなってしまいます。

ストレート用のホワイトポイントなどでもある程度取れますが、サンドブラスターならサッとキレイにとれます。

このミニブラスターは、チェアのエアーに接続できるのでコンパクトかつ省スペースで使いやすいです。

もちろんブラスト力は必要十分です^^

 

 

 

自分の歯周病菌を見たことがありますか? 位相差顕微鏡検査

Have you ever seen your periodontal bacteria?

35歳以上の90%以上が歯周病菌に感染しているといわれています。

それだけ高い確率で感染しているというデータがあっても、患者さんは「えっ?私、歯周病なんですか?」とびっくりされる方が多いです。

歯周病というと歯ぐきが腫れて血が出ていて、歯がグラグラになっている状態をイメージされる方が多いです。

そのイメージがあれば、自分が歯周病だといわれてもピンとこないと思います。

もちろんそれも歯周病ですが、歯周病には程度があります。

先ほどのイメージは重症の歯周病です。

軽度の歯周病は、見た目も特に問題なく、自覚症状もありません。

そんな方に歯周病かどうかを知っていただく方法の一つが、位相差顕微鏡による検査です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この特殊な顕微鏡に、お口から採取した歯垢をプレパラートに乗せてセッティングすると・・・

診療室

こちらの診療イス正面のモニターに・・・(右側にテーブルに当院の顕微鏡があります)

↓この動画のようなものが写ります↓(閲覧注意まではいきませんのでご安心ください)

https://www.youtube.com/watch?v=Clq0k0JihDM&fs=1&hl=ja%5FJP

当院はフルハイビジョンモニターですので、この動画より、もっとクリアにご覧いただけます。

自分の歯周病菌をモニターでご覧になって患者さんの感想は様々です。

「キャー」「えっ・・・」「何ですか?これ」「うわっ・・」「いーっ・・」

歯周病菌に感染していても、日々のブラッシングと歯科医院で定期的なクリーニングをきっちり行えば、歯周病は悪化せずにコントロール可能です。

定期検診受けてますか?

 

精密な型採り セラミックの前歯

本日も良いお天気ですね。

今日はセラミックの前歯を作るための精密な型採りをおこないました。

DSC_4626被せ物をピッタリと合わせることは、歯を長持ちさせるための必須条件です。

見た目だけキレイな被せ物を入れても、長くは持ちません。

この型を採る治療は、1時間のアポイントです。

実際は1時間ずっと型を採っているわけではなく、歯の写真を撮影したり、歯の色を決めたり、仮歯をつけたりと色々としなければいけません。

次回は”仮の合わせ”です。仕上がりの一歩前でチェックをいれます。

そして次々回に問題なければ、セラミック歯が完成します。

ですが、その日には最終セットしません。

前歯の場合は必ず、一度仮付けして使用して頂きます。

そうして見た目や機能に問題がないか一定期間使用して頂き、問題がなければその時初めて最終装着します。

前歯のセラミックの治療はこんな具合でおこなっています。

手間と時間と少々の費用はかかりますが、精密な歯は長持ちします。長期的にみてコストパフォーマンスが高く、見た目が自然で機能的なセラミック歯を装着することを大切にしています。

睡眠時無呼吸症候群 いびき×マウスピース

睡眠時無呼吸症候群。

読んで字のごとく、寝ている時に呼吸が一時的止まってしまう病気です。

この病気になると、酷いいびきや日中の異常な眠気などの症状が出ます。

他には夜間の多動、多尿。早朝の頭痛、頭重感。不眠。窒息感等です。

これらの症状を緩和させるのが、いびき用マウスピースです。歯科ではスリープスプリントといいます。

保険適応で作成可能ですが、医科の睡眠外来、内科(呼吸器・循環器)、耳鼻咽喉科などに受診の上、睡眠時無呼吸症候群であると診断された診断書が必要となります。

スリープスプリント↓ 硬いマウスピースで、上下の歯が固定される一体型です。

DSC_4466

睡眠時無呼吸症候群と診断を受けていないが、スリープスプリントを作りたいという場合は保険適応外となります。

当院でもスリープスプリント製作に対応していますので、いびき等でお困りの事がありましたらご相談ください。保険適応外でも製作可能です。

保険適応外のいびき用マウスピースとして「プレオルソいびき」というマウスピースも対応可能です。

こちらは保険適応のタイプよりいびき防止効果が高く、歯を完全に固定されないので、装着感も良くなります。

神経を抜かない虫歯治療

 

神経ギリギリの虫歯でも神経を保存する治療

一見小さく見える奥歯の虫歯↓

180402-001

虫歯治療を開始し、入口を広げると・・

180402-002

こんなに大きな虫歯が・・・

180402-003

虫歯菌の酸により、象牙質はボロボロに溶けています↓

180402-004

虫歯を取りきった後に神経を保護する成分を含んだペーストを塗布します↓

180402-007

硬いプラスティックで上から詰めて治療が終了↓

180402-009

年齢にもよりますが、若ければ若いほどこのまま神経を抜かずに済む可能性が高いです。

まれにですが、虫歯を取りきっていても、数か月、数年後に歯が痛くなり神経を抜く可能性はあります。

しかし歯の神経を抜くと歯の寿命は短くなりますので、当院ではなるべく神経を抜かない治療をおこなっています。

今回のこの小さな虫歯(中では、かなりの進行・・)、患者さんはこの虫歯の存在に気づいていませんでした。

歯科検診で訪れて発覚したので、痛くなる前に神経を保存して治療がおこなえました。

定期健診、受けていますか?