歯医者でコロナ感染予防

院長の笹山です。

コロナウイルスの影響が色々出ていますね。

「学校や幼稚園が休校になってすることがない・・。」

「人が大勢いるところに出かけるのもちょっと・・。」

先日のブログでも書きましたが、歯医者のクリーニングはウイルス感染予防に大変有効です。↓

https://www.sasayama-dc.com/blog/6679/

お子さんから年配の方までどなたにも有効です。

お子さんの歯のクリーニングだけでなく、お子さんがキッズコーナーが遊んでいる間に、お父さん、お母さんの歯のクリーニングも可能です。

ベビーカーごと入ることも可能です。

診療室内は半個室ですので、他の患者さんと会うことはほとんどありません。

ウイルスに有効な空気清浄機、プラズマクラスター加湿器やハンド消毒液も完備しています。

器具等についても使い捨てを多用し、器具の消毒と滅菌は徹底しています。

特に歯を削るハンドピースは衛生管理に厳しいヨーロッパの滅菌基準を満たす機械で滅菌しています。

安心してご来院ください^^

AED 歯科医院 外来環

先日、去年開業した同級生から「AEDどんなのがいい?」と質問が来ました。

歯科医院でも緊急事態に備えてAEDは装備しておいた方がいいです。

当院では

AED、エピペン、血圧計、パルスオキシモニターを常備しています。

他には酸素バックや酸素吸入器もあります。

出来ればお世話になりたくないものばかりですが、備えは大事です^^

新しいスタッフさんも数名入ってくれたので、近々緊急時対応実習をスタッフとおこないたいと思います。

 

今出来ることをする

今年は花粉に早速やられています。

目にきてます。

点眼薬が手放せません。

さて最近、診療に合間や休みの日に、医院マニュアルのアップデートをひたすら続けています。

マニュアルがあれば何でも済むわけではないのですが、過去にマニュアルを作ってきて、マニュアルがあるといいこともたくさんあることを知っています。

たとえば・・

① 医院の統一のやり方が確立される。スタッフそれぞれが、オリジナルなやり方をしなくなるので、混乱がなくなる。

② 新しいことを覚えた後に、マニュアルで復習できるので覚えが早い。

③ マニュアルを作ることで、作る側が仕事の無駄に気づき、効率化を計れる。

④ マニュアルをアップデートすることで、変更事項を個別に説明する手間が省ける。また、伝え間違いや、聞き間違いのリスクが減る。

などです。

特に歯科医院は見慣れない物や器具が多いので、画像付きのマニュアルがあったほうが仕事がスムーズに進むと思います。

今当院は4月の転換期に向けて、過渡期の真っ最中です。

色々と考えることもありますが、とにかく今出来ることをコツコツとすることが大切だと思っています。

思いついたことは、すぐやってみるのが大事ですね。

 

ジム通いも続けています。

最近はチンニング(懸垂の筋トレバージョン)を取り入れてみました。

自重トレは筋肥大にあまり効果的ではないと思っていましたが、チンニングは結構効果があるようなので、始めてみました。

結果・・

1回しか上まで上がれません・・。

弱すぎですね。

頑張ります。

 

 

 

衛生士学校の学生さんが見学 

今日は午前中に歯科衛生士学校の学生さんが診療見学に来てくれました。

遠方から泊りがけでいらして、当院を含めて4軒の歯科医院を見学するそうです。

この時期に意欲的に就職活動する学生さんは珍しいので立派だなと思いました。

しっかりとビジョンを持っておられたようなので、ご縁があればと思います。

学生さんにも話したのですが、良い就職先を見つけるポイントってどんな事でしょう?

私が思う4つを挙げます。

① 衛生的で滅菌をしっかりしている

滅菌は患者さんの目に見えないものです。

どれだけ滅菌しても治療費を多く頂けるわけではありませんし、手を抜こうと思えばいくらでも抜けます。

目に見えないものにどれだけコストと時間をかけるか?

滅菌は自分達の仕事に誠実であるかが問われる作業だと思います。

② 口腔内写真を撮っている

記録を残すことは大事です。 自分の臨床レベルをあげるためと患者さんへプレゼンするためです。

③ 歯科衛生士の予約が独立している

治療の”ついで”ではなく、歯科衛生士だけの予約枠があることは大事です。

まず施術に集中できます。

そして自分の予約枠なので、責任を持って仕事に取り組むことができます。

④ 相互実習など成長のためのカリキュラムがしっかりしている

就職して、すぐスケーリングをさせられたりする医院もあるようですが、当院はそうではありません。

段階を踏みながら少しずつ患者さんに触れてもらうようにしています。まずはスタッフ同士の相互実習からです。スケーリング・PMTC・印象採得など全てです。

まとめ

最初に勤める医院はとても大事

最初の医院で体に染み付いたことは、自分の仕事の基礎となります。

後から基本に戻ることは、なかなか難しいものです。

少し苦労をしてでもしっかり基礎を身につけるのか?それとも・・・

 

 

 

お盆休み

七月も終わりです。

色々と忙しくて、やることがいっぱい。

1個1個、着実に終わらせていきます。

お盆休みは8月11日~14日までです。

15日は診療しますが、さすがにお盆ど真ん中は皆さんお忙しいようで、今のところ予約はガラガラです・・。

お盆休みの期間設定間違えたかな?

診療室の玄関から見える空。電線なければもっといい感じなんですが・・・。

DSC_4715