ユニット張替え ふわもこのヤマグチリペアラーさん①

歯医者さんの治療で座るイスのことを、私たちはユニットもしくはチェアといっています。

長年使っていると座る部分のレザーが汚れたり、破けたりすることがあります。

当院のユニットはこんな感じです↓

結構長く使っていますが、スタッフがいつも丁寧にメンテナンスしているので、破れは一切なく、劣化もほとんどありません。

ただ最新のユニットのように低反発シートではありませんので寝心地はいまいちです。

ご年配の方や腰が悪い方が長時間の治療する場合、寝心地がやや辛そうです。

そこで・・

歯医者さんなら一度は見たことがあるユニットのシート張替え案内のDM↓

前から興味があったのですが、今回そのDMの会社である大阪のヤマグチリペアラーさんの工場に見学に行ってきました。

場所は生駒駅の1駅前の新石切駅です。

駅から見える生駒山脈↓

 

駅から徒歩5分。

中に進むと

美容室や理容室の椅子の張替えも手掛けていらっしゃるので、作業所の裏手には椅子が何台も!

お馴染みの”ふわもこ”と新作の低反発。

女性の営業の方が丁寧に説明してくださいました。

とにかく座り心地と寝心地を体験したかったので、座ったり、寝たりを何度も繰り返させて頂きました。

張り替えレザーの色を検討するために、レザーのサンプルも何枚か頂きました。

ネットの画面で見るのと、実際の見え加減は色味が若干異なりますので、サンプルを頂けるのは助かります。

診療室でユニットの上にレザーサンプルを置いて、色味を検討してみます。

年内には張り替え予定です。

寝心地が数段アップしてくれそうです。その上にテンピュールマットを敷けば最強ですね。


追記 その後、10月初旬に早速張替えしました!

その時のblog記事はこちらからどうぞ

歯科ユニット張替え ヤマグチリペアラーさん②

子供の歯並びが悪くなってきた・・このままでいい?拡大床・床矯正って?

お子さんの前歯が生え変わったら凸凹の歯並びになってしまった。

矯正治療をしたほうがいいのか?それともこのままでいいのか?

お子さんの歯並び相談で一番多いケースです。

前歯の歯並びが凸凹の場合は、早めに矯正治療することのメリットはたくさんあります。

早期の矯正が必要か見極めるタイミングは小学校1~2年生ぐらいです。

この時期に永久歯に生え変わった前歯が凸凹歯並びの場合は、ほぼ自然に治ることはありません。

状態によりますが、放置しておくともっとひどくなっていしまい、歯を抜いて歯並びを治す矯正になってしまうこともあります。

当院での凸凹歯並びの治療法方は、床矯正装置↓

 

取り外し式の装置ですので、学校にはつけていく必要はありません。

学校から帰って、夕飯以外の時間と寝る時間に装着してもらいます。

凸凹の程度にもよりますが、最低1年から長くて3年くらいはかかります。

取り外し式で痛みもほとんどなく、しっかり継続して装着すれば、凸凹はどんどん良くなります。

お子さんの凸凹歯並びが気になる方はお気軽にご相談ください。