金属アレルギー 症状は?治療は?保険で出来る?メタルフリーって?

 

院長の笹山です。

最近増えている歯科金属アレルギーについてです。

 

歯科で金属アレルギーが疑われる場合、どんな症状現れるのでしょう?

① お口に現れる歯科金属アレルギー症状

■粘膜の炎症・ただれ

歯科金属が接している粘膜が炎症を起こしたり、ただれたりというような炎症を起こすことがあります。口内炎が頻繁にできることもあります。また、唇や

■味覚異常

お口の中にアレルギー反応が起こり、舌の表面の味覚受容体がダメージを受けると、味覚を正常に感じられなくなる「味覚異常」を起こすこともあります。

② 全身に現れる歯科金属アレルギー症状

■掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

歯科金属の中でも特に保険で使用される金属は、唾液中にイオン化して溶け出しやすい性質を持っています。このイオン化した金属は体内に取り込まれ、体内のタンパク質と結合してアレルゲンとなって、汗を最もかきやすい場所である手のひらや足の裏にアレルギー症状を起こすことがあります。

これは掌蹠膿疱症と呼ばれ、手のひらや足の裏にかゆみを伴う多数の水疱や膿の袋が現れては潰れ、という症状を繰り返します。

■接触性皮膚炎、湿疹

全身の皮膚のあちこちで接触性皮膚炎や湿疹を起こすこともあります。

 


当院は金属アレルギー治療に対応しています。

金属アレルギーが疑われる場合は、まず皮膚科でパッチテストを受けていただくことをお勧めします。

テストをおこなえば、歯科で使われる金属に反応したアレルギーなのかがはっきりと分かります。

治療はお口の中の金属を外して、金属以外のものに詰め替えます。

置き換える材料としては、保険適応のコンポジットレジンといわれる樹脂か、以下の材料から選択します。

●ジルコニア

ジルコニアのみで作られた歯。ジルコニアは一般に人工ダイヤモンドとしても利用されている新しい材料。

利点:色調が自然。セラミックと比べて耐久性がある。

欠点:セラミックと比較すれば透明度は若干劣る。

●プレスセラミック

セラミックのみで作られた歯。

利点:透明度が高く、自然な色調。

欠点:強度はジルコニアに劣る。

●ジルコニア&セラミック

ジルコニアのベースに、セラミックを焼き付けた歯。

利点:耐久性があり、色調も自然。

欠点:フルジルコニアと比較すれば耐久性は劣る。

 

健康保険で金属アレルギー治療をする場合は、皮膚科で金属アレルギーであると診断された診断書が必要です。

診断書があれば基本的に保険診療ですべての歯を金属以外のもの変えることが可能です。(取り外し式の入れ歯以外)

奥歯を詰め物ではなく、被せる場合は保険適応のハイブリッドセラミックが適応されます。

この材料はアレルギー対策としては良いのですが、噛み合わせによっては割れてしまったり、外れやすくなるので注意が必要です。

保険適応のコンポジットレジンという樹脂も同様で擦り減ったり、割れたり、歯垢が残りやすくなるので、大きな詰め方をするのには適しません。

この程度なら大きさなら大丈夫です。↓ コンポジットレジンのbefore&after


最近、金属アレルギーの方が増えています。

今まで歯に金属を入れていて何ともなかったのに、ある日金属アレルギー反応が出てしまうのです。

そういった情報をご存じの方が増えてきたので、金属アレルギーでなくても今後なることを危惧して、お口の中に金属を入れないことを選ばれる方が多くなりました。

その場合は、健康保険適応は出来ませんがセラミックやジルコニアを持ちいたメタルフリー治療が可能です。

私自身の口の中もいくつか治療跡がありますが、すべて金属ではなくセラミックです。

つまり口の中に金属が一切ない「メタルフリー」という状態です。

私は歯科医師になって20年がたち、多く患者さんを拝見させて頂きましたが、やはりアレルギーの問題だけでなく、金属をお口に入れることは良い影響がないと実感していますので、私自身はメタルフリーにしています。

金属アレルギーが気になる方は、お気軽にご相談ください。