歯科 金属アレルギーにノンクラスプ入れ歯(バネのない入れ歯)

院長の笹山です。

当院にお越しになる入れ歯を作成希望の患者さんの中には、金属アレルギーで通常の入れ歯を装着出来ないので、金属のバネを使わないノンクラスプ入れ歯のご相談にお越しになられる方がいらっしゃいます。

金属のバネがついた通常の入れ歯↓

ノンクラスプ入れ歯↓

ノンクラスプ入れ歯の全てを金属を一切使わずに作成することは可能ですが、あまりおすすめしません。

その理由は強度が落ちて入れ歯がたわんでしまうからです。

入れ歯がたわむと噛み心地が悪くなったり、壊れやすくなったり、痛みの原因となることがあります。

そこで金属を使う部分は、チタンという金属を使います。

チタンは金属アレルギーをほとんど起こさない金属です。

下の画像はノンクラスプ入れ歯に金属をコンビネーションさせた入れ歯です。(下の画像の金属はチタンではありません。)

正面から見て目立つ場所には金属を一切使っていません。

これで

①見た目が気にならない。

②金属アレルギーの心配がほぼない。

③よく噛める

ノンクラスプ入れ歯が製作可能です。

当院では金属アレルギー対策にチタンコンビネーションのノンクラスプ入れ歯を提供しています。

金属アレルギーで入れ歯を躊躇されている方はお気軽にご相談ください。

金属アレルギーについてはこちらもどうぞ↓

https://www.sasayama-dc.com/blog/6370/