ホワイトニング」カテゴリーアーカイブ

ホワイトニング 何歳まで可能? 痛くない? 歯は傷まない?

ホワイトニングって若い人がする治療というイメージが持っていませんか?

歯の色は年齢と共に、黄色く、濃くなります。

つまりご年配の方は、必然的に歯の色は濃く、黄色いので、ホワイトニングで白く出来る幅が大きいんです。

歯が年齢と共に黄色くなるのは、エナメル質の内側にある象牙質が黄色くなるから。

エナメル質は透明なので、内側の象牙質が黄色くなると、その色が透明なエナメル質から透けて見えてしまうんです。

ホワイトニングでは、黄色くなった象牙質を白くするのではなく、表面のエナメル質の構造の一部を変えることで、象牙質の色が透けないようにします。

透明のガラスを、すりガラスに変えるようなイメージです。

話を元に戻します。

元々の歯の色が濃い(黄色い)ほど、効果は実感できますので、当院でホームホワイトニングを始める方は、ご年配の方も多いです。

70代後半の方でも、何の問題もなく出来ます。

実際のケースを見てみましょう。70代女性の方です。

before

after

使用方法を守って、ご自宅できちんとホワイトニングされたので、3週間ほどで白くなりました。

元の歯の色が濃かったので、かなり白くなりましたね。 ご本人もとても喜んでいらっしゃいました。


この方が、ホワイトニングをされる前に気にされていたのは次の3点です。

Q1. 痛くないのか?

A1. 適切に使用すれば、痛みが出ることはほぼありません。若干歯が凍みたりする方もいらっしゃいます    が、一時中断すればすぐ治ります。凍みなくなったら再開して大丈夫です。数日中断しても効果が落ちるわけではありません

Q2. 年齢は関係ないのか?

A2. 関係ありません。永久歯であれば、何歳でもできますし、効果は同じです。

Q3. 歯が傷んだりしないのか?

A3 .適切におこなえば、傷みません。

以上ホワイトニングについてでした。

ホワイトニングについてはこちらも参考にどうぞ↓

ホワイトニングいいね

 

ホワイトニングいいね

暑さが少し和らいで、過ごしやすくなりましたね。

ホワイトニングの話です。

やっぱりホワイトニングっていいですね。

歯が明るく白くなると、笑顔の魅力もUPします。

今回は、ホームホワイトニングといわれるホワイトニング法。

好きな時間に、好きな場所で、1日2時間で約2週間。

ホワイトニングには色々な方法がありますが、安全に、痛くなく、確実に白くなる10%ジェルのホームホワイトニングが、やっぱりお薦めです。

痛くないし、ほとんど凍みない。

食事制限もそれほどない。

先日ホームホワイトニングをされた方です↓

before

DSC_3680

after

DSC_3793美容広告のように効果を過大に強調したくないので、あえて露出を抑えた(暗めの)画像です。

それでも、ずいぶん白くなっているのが分かります。

before、after共に、A3と記された同じ色見本を入れて撮影していますので、患者さんにも白さの変化が客観的に分かります。

before

DSC_3682after

DSC_3795

向かって右上の八重歯気味の歯の色の濃さを気にされていましたが、ホワイトニング後はすっかり白くなっています。

*2019年追記  最近では歯科医院以外で施術するセルフホワイトニングなるものを見かけますが、お薦めできません。理由はありますが、ここではあえて触れません^^

ホームホワイトニングに更に知りたい方は、こちらも参考にどうぞ↓

ホワイトニングはじめました × ホワイトニング歯磨き粉ってどう?

 

10年ぶりのホワイトニング

 

 

高濃度ホワイトニングジェル

少し前ですが、自分の歯にホームホワイトニングをおこないました。

ホワイトニングを始めた経緯はこちらから↓

https://www.sasayama-dc.com/blog/3179/

https://www.sasayama-dc.com/blog/3281/

10%ジェルで1日2時間を2週間おこない、歯は十分に白くなりました。

ホワイトニングが終わった自分の歯を、スタッフにも見てもらったのですが、「白いですね!」との事だったので客観的にも白くなったと思います。

今回、追加の検証として更に高濃度のジェルを使ったら更に白くなるのか?

高濃度ジェル使用に伴う副作用はあるのか?

自分の歯で実験です。。

濃度は35%です

DSC_0587オパールエッセンスというアメリカ製の有名なホワイトニングジェルです。

早速やってみたところ・・・

まずジェルが歯ぐきに当たると、結構痛いです。

歯も場所によってはズキ~ンと来るぐらい痛いです。

この副作用については、ジェルを購入したサイトのレビューにも同じ内容が結構書かれていましたが、

正直、使い方にも問題があるんじゃないかと思っていました。

「10%の3.5倍の濃度で、そこまで急激に副作用が出るだろうか?」と。

しかし適切に使用しても、痛いものは痛かったです(T_T)

その後試行錯誤し、痛くならない時間や量をコントロールできるようになりましたが、35%は個人で始めるのは、やめておいたほうが良さそうです・・・。

10%は時間がかかりますが、歯ぐきについても痛くないし、歯も痛みません。

やはり初めての方や、リスクを軽減したい方は、歯科医院で指導を受けて、10%からスタートするのが良いですね。

以外に知られてないんですが、歯って、顔の印象に占める割合が、結構大きいんです。

歯が白くなると若々しく見え、笑顔が健康的で映えます。

小さいシミや、小じわなどのミクロなケアも大切だと思うのですが、歯が白くなると、その何倍もアンチエイジングできると思います。

当院では、10%のホームホワイトニング治療はおこなっています。

「ハイライト シェードアップ」の画像検索結果

 

 

10年ぶりのホワイトニング

10年ぶりに自分の歯を、ホワイトニングしました。

ホワイトニングをはじめた記事はこちら↓

ホワイトニングはじめました × ホワイトニング歯磨き粉ってどう?

そして2週間のクールが終わり、ホワイトニングが終わりました。

久しぶりにホワイトニングして、感じた事をざっくばらんに書きます。

まずマウスピースを2時間装着するのは、意外と煩わしいということです。

DSC_0561

マウスピースをしている間の飲食は基本できません。飲み物はストローを使えば飲めます。

また、ホワイトニングのマウスピースは薄いので、歯ぎしり用と比べると装着感はマシなのですが、やはり会話するのは、しにくいです。

軽い舌足らずのようになります。(ザキヤマさんみたいな感じです。)

大人で1日2時間この状態で時間を取られるのは、ちょっと面倒ですね。

寝る時に装着するという方法もありますが、基本は2時間と決められているので、副作用が出ても自己責任になりますし。

寝る時は余計な物をつけずに寝たいものです。

濃度の濃いジェルで装着時間を短縮する方法もあります。

しかし以前お書きしたように、濃度が濃いとホワイトニングの効果が大きい反面、痛みや知覚過敏などの副作用が出る確率も上がります。

今回の2週間を終えて、歯はかなり白くなりました。

10%のホワイトニングジェルでも十分効果はあります。

しかし、これを数年後にもう一度やるとなるとちょっと・・・というのが正直な感想です(やるかどうか別にして・・。)

ホワイトニングは、数か月から数年で少しずつ後戻りしますので。

後戻り対策としては「タッチアップ」といって後戻りし始めた頃に、ホワイトニングを再度行うとそれほど日にちをかけなくても元の白さに戻ります。

そこで今回外国産の濃度の濃いジェルを個人輸入して使ってみる事にしました。

副作用などは個人差はあると思いますが、その辺も自分で試してみて体験してみたいと思います。

高濃度ホワイトニングジェルについて知りたい方はこちらもどうぞ↓

高濃度ホワイトニングジェル

 

ホワイトニングはじめました × ホワイトニング歯磨き粉ってどう?

22129164

ではなく・・

「ホワイトニングはじめました!」

といっても当院は以前からホワイトニング治療を行っています。

「ホワイトニングはじめました」のは私です。

自分の歯をホワイトニングするのは、3回目くらいで今回は10年ぶりくらいです。

随分してなかったなぁ~。

きっかけは最近、患者さんから

「歯に着色(茶渋やコーヒーの色素など)が付きやすいので何とかなりませんか?」

というご相談が何度かあったことです。

また

「歯を白くする歯磨き粉ってどうですか?」

「ホワイトニング歯磨き粉って効果ありますか?」

というご質問も時々お受けします。

ホワイトニング歯磨き粉は私も使った事がなかったので、ホワイトニングまたはステインを落とせるといわれる歯磨き粉を、自分で何本か試してみることにしました。

しばらく使ってみた結果ですが、やはりついてしまった着色を歯磨き粉で落とすのは難しいですね。というよりほぼ不可能かもしれません。

歯磨き粉で歯が白くなったと感じた人は、歯の表面に古いプラークなどがついていて、黄ばんだりしていたのではないかと思われます。

茶渋などの着色は、歯磨き粉ではなかなか落ちません。

ただし、ホワイトニング歯磨き粉で着色をつきにくくすることは可能です。

日々、歯の表面につく着色を沈着する前に落としてしまえば、着色が沈着するのを防げます。

当院でも着色のつきにくくなるホワイトニング歯磨き粉(歯科医院専売品)を取り扱っています。

通常のホワイトニング治療も、もちろんおこなっています。

当院は自宅で自分でおこなう、ホームホワイトニングをお薦めしています。

話は逸れましたが、ホワイトニング歯磨き粉であれこれやっているうちに、やはり手早く確実に白くするのはやはり「ホワイトニング治療」という原点に舞い戻りました。

およそ2週間、ホワイトニングジェルを入れたマウスピースを1日2時間装着します。

マウスピース↓

DSC_0561

ホワイトニングジェル↓

DSC_0559

これは10%過酸化尿素のホワイトニングジェルです。

もっと濃度が高い外国産のホワイトニングジェルを扱う方法もありますが、

濃度が高いと漂白効果は上がる反面、知覚過敏や痛みなどの副作用も出やすくなります。

10%ジェルでも説明書通りに使用していれば、十分白くなりますよ。