グラグラしている歯の固定・差し歯をやり直さないで何とかならない?

宝塚市で歯周病の予防と治療に力を入れている歯医者、笹山歯科医院 院長の笹山です。

歯周病で差し歯がグラグラしている。隣の差し歯も含めて、連結して被せ直せばいいのだけれど、隣の差し歯は、既にその隣の差し歯と連結している。

全部差し歯をやり替えて全てを連結すればいいけれど、治療がかなり大掛かりになるし、費用も通院回数もUPしてしまう…。

そんな時に使用するのが、ウイングロックシステムです。

術前。向かって右端の差し歯がグラグラしています。隣の歯と連結して被せ直したいのですが、左側の歯は既に差し歯の5本連結のブリッジになっており、連結するにはブリッジ全てを壊してからやり直すので、かなり大掛かりな治療になります。

 

そこでウイングロックシステムの出番です。まず、差し歯と差し歯の間に溝を削ります。

 

このカニのような金属のパーツが、ウイングロックシステムのパーツです。形状記憶合金で出来ています。これを先ほど削った溝に入れます。

 

溝にパーツを入れた状態。

 

パーツをヒートプラガーで熱すると、形状記憶合金の特性でカニのようなパーツの両端が開きます。(上の画像と比べてパーツが✕の形に変わっているのがお分かりでしょうか?)この開きによって、連結強度が機械的も向上します。

 

溝をスーパーボンドという特殊な接着剤で埋めて治療終了。

差し歯を外さずに、連結することが出来ました。

隣の差し歯も含めて、全部被せ直していたら、相当な通院回数になりますが、ウイングロックシステムにより1回で終了しました。

この治療を受けられた患者さんは、かなりの遠方からいらしている方なので、

治療回数が1回で終わり、患者さんも私もホッとしました。

歯周病でグラグラしている歯を固定する方法が色々とありますが、

差し歯を固定するにはベストな治療方法だと思っています。

以上、グラグラしている差し歯の固定方法でした。

歯ぐきが下がる(痩せる)原因は?対策は?

宝塚市で歯周病の予防と治療に力を入れている歯医者、笹山歯科医院 院長の笹山です。

「歯ぐきが下がるのは年齢のせいですか?」

患者さんからよく聞かれる質問です。

年齢も多少の要因になりますが、

歯ぐきが下がる原因は、いくつかあります。

① 歯周病

② オーバーブラッシング(必要以上の力を入れて歯を磨くこと。)

③ 歯ぎしりや食いしばり

④ 歯並びが悪い

⑤ 不適合な被せ物

などが考えられます。

下の図のように、アジア人は欧米人と比べて、歯ぐきや骨が元々薄いので、下がりやすいのです。

対策としては上記の①~⑤を改善するということになるのですが、

気を付けていただきたいのが、②のオーバーブラッシングです。

「弱い力で優しく磨かないと、歯ぐきが痩せてしまう!」と考えて、

軟らかい歯ブラシで、弱すぎる力で磨いてしまうと別の問題が浮上します。

歯垢が落としきれずに、歯周病や虫歯の原因となってしまうことがあるのです。

歯磨きの時の力加減は、ご自身の歯ぐきのタイプ(厚みなど)によって変わりますので、歯医者さんで実際に診てもらって、アドバイスを受けられるのが良いと思います。

以上「歯ぐきが下がる(痩せる)原因は?対策は?」でした。

参考にしていただければ幸いです。

歯間ブラシとフロスは両方やった方がいいんですか?

宝塚市で歯周病の予防と治療に力を入れている歯医者、笹山歯科医院 院長の笹山です。

朝から冷えますね。

今日から2021年の診療が始まりました。

今年も削らない・抜かないための予防をベースに診療していきます。

さて今日は患者さんからよく聞かれる質問の

「歯間ブラシとフロスは両方やった方がいいんですか?」

についてです。

フロス

歯間ブラシ

下の画像のように歯と歯の間に、細い歯間ブラシすら入る隙間の無い場合は、フロスだけでOKです。

 

次の画像のように歯と歯の間に隙間がある場合は歯間ブラシをメインに、フロスをサブで使った方がいいです。

「これだったら歯間ブラシだけでいいんじゃない?」って思われるかもしれませんが、歯間ブラシとフロスは役割が少し違います。

以下の画像をご覧ください。

歯間ブラシは赤の△ゾーン緑線の歯と歯の間の内側の面の汚れを落とします。(フロスで補うことも可能ですが、歯間ブラシの方が確実に落ちます。)

フロスは青〇の歯と歯が接している部分の汚れを落とします。

歯周病や虫歯を予防するなら歯間ケアは必須です。

参考にしてくださいね^^

 

 

 

自分の歯周病菌を見たことがありますか? 当院の検査で見れます!位相差顕微鏡とは?

宝塚市で歯周病の予防と治療に力を入れている歯医者、笹山歯科医院 院長の笹山です。

35歳以上の90%以上が歯周病菌に感染しているといわれています。

それだけ高い確率で感染しているというデータがあっても、患者さんに歯周病であることをお伝えすると「えっ?私、歯周病なんですか?」とびっくりされる方が多いです。

歯周病というと歯ぐきが腫れて血が出ていて、歯がグラグラになっている状態をイメージされる方が多いです。

典型的な歯周病はこんな感じ↓

このイメージがあれば、「〇〇さんは、歯周病です。」いわれてもピンとこないと思います。

歯周病には程度があります。

先ほどのイメージは重症の歯周病です。

軽度の歯周病は、見た目も特に問題なく、自覚症状もありません。

そんな方に歯周病かどうかを知っていただく方法の一つが、位相差顕微鏡による検査です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この特殊な顕微鏡に、お口から採取した少量の歯垢をプレパラートに乗せてセッティングすると・・・

診療室

こちらの診療イス正面のモニターに(右側にテーブルに顕微鏡があります。)

↓この動画のようなものが写ります↓

当院はモニターはフルハイビジョンですので、この動画より、もっとクリアにご覧いただけます。

自分の歯周病菌をモニターでご覧になって患者さんの感想は様々です。

「キャー」「えっ・・・」「何ですか?これ」「うわっ・・」「いーっ・・」

歯周病菌に感染していても、日々のブラッシングと歯科医院で定期的なクリーニングをきっちり行えば、歯周病は悪化せずにコントロール可能です。

ちなみにこの位相差顕微鏡検査ですが、当院に通院されている患者さんは無料で検査を受けられます。

検査は口の中から歯垢を少量(ゴマ粒以下の量)採取するだけですので、痛みは全くありませんのでご安心を^^

 

コロナで虫歯? 受診控えで?

宝塚市で歯周病の予防と治療に力を入れている歯医者、笹山歯科医院 院長の笹山です。

先日放送された朝のワイドショーで「急増コロナ虫歯」という特集がありました。

コロナウイルスで虫歯になるわけではなく、コロナによる食生活の変化や歯医者への受診控えで虫歯が急増しているというのです。

続きを読む →