12月23日(月)平成天皇誕生日 平日?祝日?

「どっち イラスト フリー」の画像検索結果

12月23日が平日か祝日か?

早く答えを知りたい方のために先にお答えです。

「令和元年の12月23日は平日です」

その根拠は・・・

当院は3か月おきのリコールで定期検診メンテナンスに通われている方が多いです。

8月にメンテナンスが終了したら、次は12月。

ある日、受付で患者さんから「次の定期検診を12月23日にしようと思ったけど、今年は平日か祝日か分からないね。」

と言われました。

たしかに12月23日は平成天皇の誕生日ですから、令和になった今年はどうなるのかと疑問に思いました。

グーグルで検索したところ、去年の段階で来年の即位後はどうなるのか?みたいな記事が多く不確実ではっきりしないものが多かったです。

「国民の祝日」で検索して、トップにくる内閣府のHPを見ても、いまいち不明です。

お店などをやっている人たちにとっては23日が祝日か平日かって結構大事だと思うんですが、みんな気にならないのかな?

そこで内閣府のHPに書いてある電話番号に直接電話してみました。

内閣府に電話するなんて思ってもなかったのでちょっと緊張・・。

お電話に出られた方のお答えは・・

「12月23日は平日です」

とのことでした。

これでスッキリしましたので、12月23日は平日としてリコールの予約もしっかり入れられます^^

最後に・・

内閣府に電話をしてお聞きしたので99.9999・・・%間違いないと思いますが、責任は負えませんので、本当にハッキリさせたい方は、ご自身でしかるべきお役所にご確認をお願いしますね^^

アモーレ・アベーラさん

ピザと言えば、アモーレ・アベーラ。

先日の仕事帰りにアモーレ・アベーラさんへ立ち寄りました。

頼んでおいたピザをお持ち帰り。

定番のミックスピザ

 

私は40年前からピザと言えばアモーレ・アベーラです。

私が小さい頃は、まだデリバリーピザも無い時代でしたので、他のお店のピザを食べたことがありませんでした。

またアベーラさんは当院の真裏ですので(徒歩30秒) 、先代の父の時代からスタッフの食事会といえばアベーラさん。

そんなこんなで、とっても縁深いんです。

最近のピザといえば、薄い生地を釜で焼いたものが多いですが、アベーラさんのミックスピザは生地もしっかり、チーズもどっさりで、どこにもないピザです。

シーフードピザもおすすめですよ。

いつもありがとうございます。

また食事会でお世話になります^^

 

20年前のノート

 

特殊な歯型採りが必要になり「そういえば・・」と20年前に自分がまとめたノートを引っ張り出してみました。

研修医の頃のノートです。

自分で調べたり、実際の治療で気づいたことをまとめてあるので、今見ても分かりやすい。

あの頃はノートにたくさん書いていました。

最近はPCかスマホで入力するので、ほとんど字を書かなくなりました。

いざ書こうと思っても、字を思い出せない、書いても汚い。

汚いのが嫌で書き直しても、あまり変わらない(T_T)

便利になりましたが、アナログの良さを思い出しました。

 

一番気になることは解決してもらえましたか?

私が歯科医になりたての頃に、尊敬する歯科医の先生に教わった言葉があります。

「主訴は1日で解決する」

主訴とは「患者さんが一番に気になっていること、治したいこと」です。

実際の診療では主訴を1日で解決できないことも多いのですが、たとえ解決できなくても道筋(治療計画)を示すことは出来ます。

この「主訴の解決」をしないで、他の歯から治療するのは、患者さんの希望に答えていないことになります。

理由や根拠があって、他の歯から治療するにしても、患者さんが納得できる理由が必要だと思います。

 

先日、新規でいらした患者さん。

お口の事で10年近く気になっていることがあり、色々な歯科医院に行かれたのですが、解決せずに当院にいらっしゃいました。

話を伺い、解決の可能性はあると診て、治療を開始しました。

患者さんの話をよくお聞きすること、様々な知識と診断力を持つこと。

大切なことです。

そのうえで診断がつかないことと、知らないから診断がつかないことは、かなりの違いがあります。

当院のスタッフにも、あらためて知識の重要性について話をしました。

 

私が歯科医になりたての頃の話なんですが、まだ実践的な技術も無く、知識も少ない、おまけに童顔で、声も高くて説得力が無い、と患者さんから信頼される要素ゼロの歯科医師でした。

患者さんから「こんな若い先生で大丈夫かな?」という目で見られたこと、数知れず。

実際に患者さんから「院長に変わって欲しい」と言われてしまったこともあります。

それでも技術はすぐには身につかない、老け顔になれない、声も低くできない。

そこで、とにかく知識を増やし説明だけはきちんとできるようにと努力しました。

知識を増やすために母校の大学の図書館で参考書を借りたり、参考書をコピーして通勤電車で毎日欠かさず読みました。

休日を利用して数え切れないほどセミナーにも参加しました。

今でもあの頃に学んだ知識は、頭の中にしっかり残っています。

話は少しずれてしまいましたが、主訴を解決するには知識も大切であることをお伝えしたかったのです。

誰に向けた内容なのか、良く分からない文面になってしまいましたね^^

GW明け

長いGWが明けました。

初日は予想通り急患の方が多くいらして、少しバタバタしましたが、何とか終わりました。

やはり詰め物や被せ物が取れてしまったとか、歯や歯ぐきが痛むなどが多かったですね。

詰め物や被せ物が取れるのは、ある意味やむを得ない場合もあるのですが、歯ぐきや歯の痛みは日頃のセルフケアや歯科医院での予防処置で痛くなる可能性を減らせます。

昭和は虫歯の洪水、平成は歯周病の洪水でした。

最近は痛くなくても、予防でメンテナンスを継続される方が増えましたので、当院では令和が終わる頃には虫歯や歯周病が過去の病気になっているはず?

そしたら私も令和の終わりと共に歯科医師引退ですね^^

当院では痛くない・苦しくない快適な歯石取りとクリーニングを心がけていますので、予防したい方はいつでもご相談ください。