コロナワクチン接種2回目 副反応は?

笹山歯科医院の笹山です。

先週に2回目の接種を終えました。

副反応に備えて、翌日の予約は控えめにして、歯科衛生士さんに頑張ってもらいました。

翌日の体調は少しだるいくらいで、普通に診療も出来ました。

ところが…。

その翌日(接種後2日目)結構だるくなりました。

発熱はなかったのですが、割と辛い感じでした。

手持ちのカロナール錠(アセトアミノフェン)を約4時間ごとに服用しましたが、スッキリするほどは効かず、もっと強い解熱鎮痛剤を服用しようかと思いましたが、カロナールが推奨されていたので、やめておきました。

診療中は気合が入っていますので、診療に差支えはなかったのですが、

診療後は気が抜けたのかヘロヘロになってしまい、帰宅後、早めに就寝しました。

その後3日間程度で徐々に回復し、今は元通りの元気に生活を送っています。

知人の医療従事者の数人に2回目の反応がどうだったか聞いてみましたが、筋肉痛や軽度の発熱ぐらいで大したことはなかったようです。

ということで、反応はやはり人それぞれのようですが、お仕事で有給など申請出来る方は、2回目の翌日、翌々日くらいは有給を取っても良いのではないかと思いました。

 

お手紙をいただきました。

宝塚市の歯医者、笹山歯科医院 院長の笹山です。

先日、診療室のポストに患者さんからの手紙が入っていました。

お手紙を頂いたのは90歳のおばあちゃんで、父の代から含めて50年近く通院してくださっている患者さんです。

しばらくお見えになっていなかったので、どうされているのかと気にかけていたのですが、お手紙にはご親族の元へ引っ越しされたとの事で「転居先ではもう歯医者には行っていないけれど、教わった歯みがき方法で毎日一生懸命、歯を磨いています。」とあり「これからも歯で困っている人達を助けてあげてください。」とも書いてくださいました。

日々色々なことがありますが、そんなことも忘れてしまうほど嬉しかったです。

1人でも多く患者さんに、信頼して頂けるようこれからも頑張ります。

ちなみにこの患者さんは、5年前にもブログに書かかせて頂いた方です↓

昔の診察券

 

ある日の朝

宝塚市の歯医者、笹山歯科医院 院長の笹山です。

ある日の休診日明けの朝、出勤するとFAXの上に、送られたFAX用紙が山のように乗っかっていました。

巻物のような束になったFAX用紙を広げてみると。

こんな感じになりました。↓

 

レッドカーペットならぬ、FAXカーペット?

色んな所から1日で大量にFAXが届く。

こんな日が数年に1度あります。

プチ紅葉(もみじ)の3年後

宝塚市の歯医者、笹山歯科医院 院長の笹山です。

今回は歯と関係ない内容で、プチ紅葉の経過報告です。

プチ紅葉の3年前の様子は、こちらの記事です↓

https://www.sasayama-dc.com/blog/4912/

現在の様子です↓

随分、葉っぱが増えました。

でも幹は、ヒョロヒョロです。

これから幹は太くなるのか?

成長は止まるのか?

自分自身もこれから幹を太くして成長出来るのか?

また数年後に報告します。

11年前のマスクは何円?

宝塚市の歯医者、笹山歯科医院 院長の笹山です。

コロナのマスク不足が、ようやく解消されつつありますね。

マスク不足が深刻な時に、倉庫の奥から出てきたマスク。

どうも11年前に購入した物のようです。

ネットに購入履歴も残っていました↓

ちょうど11年前の今日です。

商品説明にサージカルマスクDS(50枚入り)3層不織布新型豚インフルエンザ対策の必需品!と書いてあります。

しかも、ただの豚インフルエンザではなく、新型豚インフルエンザ。

豚インフルエンザなんてあったんですね。

記憶にありません^^

50枚入りで1,000円(税抜)

今なら激安ですが、これが本来の適正価格だと思います。

見つかったマスクは、11年前の物でしたが特に変色や劣化もなく、普通に使えそうです。

コロナは終息に近づいてるようですが、鳥インフルエンザやSARSなど、数年に一度は世界の何処かで、感染症が発生していることを考えると、今後もマスクの備蓄は必要だと感じました。