カテゴリー別アーカイブ: 小児歯科

4世代×小児歯科

海外から一時帰国中の女の子が検診希望にて新規で来院。

仕上げ磨きの時に虫歯っぽい歯があったとのことでしたので早速チェック。

今回は虫歯ではなく、エナメル質減形成という状態でした。

エナメル質減形成とは歯が生える前の歯ぐきの中で歯が作られている時に何らかの原因で

歯の表面にあるエナメル質がうまく作られなかった歯のことをいいます。

虫歯ではなかったので、お母さんも一安心。

今回の来院のきっかけは、女の子のお母さんのおばあちゃんが当院にその昔通われていたのがきっかけでだそうです。

女の子はひ孫さんにあたるので4世代ですね。

当院も宝塚に開業して45年経ちました。

患者さんのお孫さんが通われていることは結構あるのですが、こういったことが今後増えていくのかもしれません。

今後も地域のかかりつけ歯科医院として信頼頂けるようスタッフ一同で責任ある診療をおこないます^^

 

歯医者デビュー

本格的な夏ももうすぐですね。

最近は事務的な仕事が多くて、ちょっとこんがらがっていますが、1個1個クリアしていきます。

忙しく仕事をしている白衣の男性のイラスト

今日は近所の保育園児さんが歯医者デビューです。

初めて歯医者さんでしたが、虫歯が1個ありました。

「歯医者さん、怖い?」と聞くと

「怖い」と返答。

しっかりしている男の子だったので、まずは治療の練習から開始。

今日は練習だけで終わるつもりでしたが、練習してみると上手に出来たので、そのまま治療にステップアップ!頑張って完治するところまで出来ました!

カメラでパチッと撮って、治ったところも見てもらいました。

口も大きく開けられたし、さすがお兄ちゃん!

妹ちゃんの前でカッコいい所を見せたね!

次は虫歯予防カウンセリングとフッ素ジェルの予定です。

付添いの妹ちゃんも一緒にフッ素することに。

出来るかな?

「兄妹 イラスト フリー」の画像検索結果

先日、患者さんからいただいたお花です。アンスリウムというお花で熱帯アメリカが原産です。

DSC_3549

玄関に飾らせていただきました。

花言葉は

「煩悩」「恋にもだえる心」

だそうです。

「煩悩」はどこまでも付きまとってきますので、日々気をつけなきゃいけませんね。

 

お子さんの歯医者デビュー

「初めての山は晴れた日に登れ」

私の尊敬する歯科医の先生の本の一節です。

山登りは大変なのに初めての登山で雨や雪が降っていたりしたら楽しくないですよね。

お子さんの歯医者さんデビューも同じようなものだと考えています。

今も昔も変わらず歯医者さんを怖がるお子さんはいらっしゃいます。

お母さんが何とか連れてきたけれどお子さんは不安でいっぱい。今にも泣き出しそう。すでに泣いている場合も(T_T)

「やっと連れてきたから何とか虫歯の治療をして帰りたい」

お気持ちは痛いほど分かります(^_^.)

でも初めての歯医者さんで無理は禁物です。

最初に無理をさせると歯医者さん嫌いになってしまい、今後歯医者さんに連れて行くのは至難の業となってしまいます。

怖いと思っている場所。初めて嗅ぐ歯医者さんの匂い。初めて会う先生。

否が応でも緊張してしまいます。

当院では初めて歯医者さんに来たお子さんをその日に治療することはほとんどありません。

「ちょっと頑張れば治療出来そうかな」と分かっていてもあえてしません。

初めて歯医者さんに行った日は良い記憶しかないようにしたいんです。

大人と違って子供は1回慣れると次は嘘のように積極的になります。

急がば回れですね。

今日も2回目のお子さんが来ました。頑張りました。ちょっと泣いてしまったけど、ちゃんと治せました。

ちゃんとできたので私もスタッフもお母さんもみんなで喜びました。

そしたら「ありがとう!」って笑顔で言ってくれました。

あと2か所虫歯があるけど、次はもっと大丈夫^^

子供の歯並びが悪くなる原因

子供の歯並びや咬みあわせが悪くなる原因は遺伝だけでないんです。

こんな原因もあります。

①口呼吸

鼻炎や鼻づまりがあると口呼吸になりやすいです。

口呼吸をすると舌の位置が悪くなり歯並びが悪くなる可能性があります。

口呼吸をすると唇に筋肉の緊張が減り、出っ歯になることがあります。

対処法 耳鼻科で治療 あいうべ体操 MFT(口腔筋機能療法)で口の周りの筋肉を鍛える。

②頬杖

頬杖をつくと顎や歯に大きな力がかかります。歯並びや顎の位置がずれてしまうことがあります。

③うつぶせ寝

うつぶせ寝やうつぶせで本やゲームをしていると顎の発育が悪くなることがあります。

④良く咬んで食べない

良く噛んで食べないと顎の発育が悪くなり、歯並びが悪くなることがあります。

対処法 食材を小さく切りすぎない。 食事に味噌汁やスープがある場合は、お茶や水は少なめにすることで良く咬まずに水分で流し込むことを防げます。本来は良く咬むことで唾液の分泌を促し、唾液で食材をペースト状にして飲み込むのです。

⑤指しゃぶり 爪咬み 唇咬み などの癖

これらの癖を続けていると出っ歯や受け口、開咬(前歯が全く咬まない)咬みあわせになる場合があります。

⑥虫歯

虫歯を放置すると、虫歯で欠けてしまった部分に周りの歯が移動することがあり、歯並びが悪くなることがあります。乳歯が虫歯などで早く抜けてしまうと、歯の生える順番が狂うことにより、歯並びが悪くなることもあります。

 

「歯並びが悪い=矯正装置を入れれば治る」 ではなく

まず歯並びを悪くした原因を治さないと、歯並びだけを強制的に良くしても、後戻りしやすくなります。

子供用のマウスピース矯正装置は歯並びを完璧にキレイに治すものではありませんが、上記の原因により乱れた筋肉のバランスを整え、乱杭歯や受け口や出っ歯などの噛み合わせの大まかな改善することが可能です。

その後に更に歯並びをキレイに並べるには従来のワイヤー矯正(針金をつける矯正)が必要となります。

 

子供の歯、こんな時は?

院長です。

春ですね~

待合室の窓から見える桜が満開に近いです。散歩するだけでも気持ちのいい季節。いい天気の日は診療室にいるのがもったいない気がします(T_T)

診療所入り口のチューリップも満開です(^O^)

DSC_2571

 

さて本題です!

5~7歳くらいのお子さんの歯の相談でよくお受けするのが画像のような状態です。

「乳歯の後ろから永久歯が生えてきたんです!早く抜かないとダメですか!?」

DSC_2437

 

結論の前にその後を経過を見てみましょう。画像が荒くてスミマセン<(_ _)>

DSC_2492

DSC_2549

乳歯が自然に抜けるのを待ちました。無事永久歯に生え変わっています。生え変わった永久歯にねじれはありますが、今の所は問題ありませんので引き続き経過観察です。

多くの場合は乳歯を抜かなくても自然に抜け、永久歯は前に移動し正常な位置に収まります。

一時的に乳歯の後ろ側に生えても、乳歯が抜けてスペースが空くと、舌の力で前に押されて歯の列の中に入るのです!

もちろんそうではなく、積極的に乳歯を抜かなければならない場合もありますので、まずは歯医者さんに診てもらうことが大切です。

当院でも、お子さんの定期健診の際は虫歯や歯肉炎だけでなく、歯並びやかみ合わせをチェックしています。必要に応じて矯正専門医の先生をご紹介させていただいてます。