カテゴリー別アーカイブ: 小児歯科

お子さんの歯医者デビュー

「初めての山は晴れた日に登れ」

私の尊敬する歯科医の先生の本の一節です。

山登りは大変なのに初めての登山で雨や雪が降っていたりしたら楽しくないですよね。

お子さんの歯医者さんデビューも同じようなものだと考えています。

今も昔も変わらず歯医者さんを怖がるお子さんはいらっしゃいます。

お母さんが何とか連れてきたけれどお子さんは不安でいっぱい。今にも泣き出しそう。すでに泣いている場合も(T_T)

「やっと連れてきたから何とか虫歯の治療をして帰りたい」

お気持ちは痛いほど分かります(^_^.)

でも初めての歯医者さんで無理は禁物です。

最初に無理をさせると歯医者さん嫌いになってしまい、今後歯医者さんに連れて行くのは至難の業となってしまいます。

怖いと思っている場所。初めて嗅ぐ歯医者さんの匂い。初めて会う先生。

否が応でも緊張してしまいます。

当院では初めて歯医者さんに来たお子さんをその日に治療することはほとんどありません。

「ちょっと頑張れば治療出来そうかな」と分かっていてもあえてしません。

初めて歯医者さんに行った日は良い記憶しかないようにしたいんです。

大人と違って子供は1回慣れると次は嘘のように積極的になります。

急がば回れですね。

今日も2回目のお子さんが来ました。頑張りました。ちょっと泣いてしまったけど、ちゃんと治せました。

ちゃんとできたので私もスタッフもお母さんもみんなで喜びました。

そしたら「ありがとう!」って笑顔で言ってくれました。

あと2か所虫歯があるけど、次はもっと大丈夫^^

子供の歯並びが悪くなる原因

子供の歯並びや咬みあわせが悪くなる原因は遺伝だけでないんです。

こんな原因もあります。

①口呼吸

鼻炎や鼻づまりがあると口呼吸になりやすいです。

口呼吸をすると舌の位置が悪くなり歯並びが悪くなる可能性があります。

口呼吸をすると唇に筋肉の緊張が減り、出っ歯になることがあります。

対処法 耳鼻科で治療 あいうべ体操 MFT(口腔筋機能療法)で口の周りの筋肉を鍛える。

②頬杖

頬杖をつくと顎や歯に大きな力がかかります。歯並びや顎の位置がずれてしまうことがあります。

③うつぶせ寝

うつぶせ寝やうつぶせで本やゲームをしていると顎の発育が悪くなることがあります。

④良く咬んで食べない

良く噛んで食べないと顎の発育が悪くなり、歯並びが悪くなることがあります。

対処法 食材を小さく切りすぎない。 食事に味噌汁やスープがある場合は、お茶や水は少なめにすることで良く咬まずに水分で流し込むことを防げます。本来は良く咬むことで唾液の分泌を促し、唾液で食材をペースト状にして飲み込むのです。

⑤指しゃぶり 爪咬み 唇咬み などの癖

これらの癖を続けていると出っ歯や受け口、開咬(前歯が全く咬まない)咬みあわせになる場合があります。

⑥虫歯

虫歯を放置すると、虫歯で欠けてしまった部分に周りの歯が移動することがあり、歯並びが悪くなることがあります。乳歯が虫歯などで早く抜けてしまうと、歯の生える順番が狂うことにより、歯並びが悪くなることもあります。

 

「歯並びが悪い=矯正装置を入れれば治る」 ではなく

まず歯並びを悪くした原因を治さないと、歯並びだけを強制的に良くしても、後戻りしやすくなります。

子供用のマウスピース矯正装置は歯並びを完璧にキレイに治すものではありませんが、上記の原因により乱れた筋肉のバランスを整え、乱杭歯や受け口や出っ歯などの噛み合わせの大まかな改善することが可能です。

その後に更に歯並びをキレイに並べるには従来のワイヤー矯正(針金をつける矯正)が必要となります。

 

子供の歯、こんな時は?

院長です。

春ですね~

待合室の窓から見える桜が満開に近いです。散歩するだけでも気持ちのいい季節。いい天気の日は診療室にいるのがもったいない気がします(T_T)

診療所入り口のチューリップも満開です(^O^)

DSC_2571

 

さて本題です!

5~7歳くらいのお子さんの歯の相談でよくお受けするのが画像のような状態です。

「乳歯の後ろから永久歯が生えてきたんです!早く抜かないとダメですか!?」

DSC_2437

 

結論の前にその後を経過を見てみましょう。画像が荒くてスミマセン<(_ _)>

DSC_2492

DSC_2549

乳歯が自然に抜けるのを待ちました。無事永久歯に生え変わっています。生え変わった永久歯にねじれはありますが、今の所は問題ありませんので引き続き経過観察です。

多くの場合は乳歯を抜かなくても自然に抜け、永久歯は前に移動し正常な位置に収まります。

一時的に乳歯の後ろ側に生えても、乳歯が抜けてスペースが空くと、舌の力で前に押されて歯の列の中に入るのです!

もちろんそうではなく、積極的に乳歯を抜かなければならない場合もありますので、まずは歯医者さんに診てもらうことが大切です。

当院でも、お子さんの定期健診の際は虫歯や歯肉炎だけでなく、歯並びやかみ合わせをチェックしています。必要に応じて矯正専門医の先生をご紹介させていただいてます。

指しゃぶり

院長です。

むし歯ポーズってご存知ですか?頬に手を当てたポーズで顔写真を撮ることです。

今,女性誌の表紙は、むし歯ポーズが流行っているそうで、理由はこのポーズで撮った写真は可愛く見えるからとの事です。

私が歯科医師になった15年前は、本当に痛くて、このポーズで歯医者さんにくる人が時々いました。

b-sugoiitai

そこまで痛くなると治療の麻酔も効きづらく、患者さんもこちらも大変です(^_^;)

最近はそこまで放置している人は、ほとんどいませんが、定期健診で痛くなる前の小さな虫歯を見つけて治療しておきましょう!

 

さて、先日3歳児歯科検診に行ってまいりました。

何度もここに書いていますが、子供の虫歯が減っています。

お母さん方がちゃんと仕上げ磨きしていたり、甘いものをあげすぎないなど気を付けていらっしゃるからだと思います。

相談で多かったのはタイトルの指しゃぶりです。

3歳になっても、まだ指しゃぶりをしているのだけれどどうすれば良いか?ということです。

指しゃぶりを続けていると上下の前歯の間に隙間ができます。

将来の歯並びにも影響はするのですが、成長とともに自然にやめる子が多いです。幼稚園や保育園に通いだし、他の子と接するようになるとやめる事が多いようです。

永久歯に生え変わっても続けている場合は、指しゃぶり防止用の装置を付けたりすることもありますが、ごく稀だと思います。

では3歳の今の時点で指しゃぶりによってできた歯の隙間はどうなるのかというと、指しゃぶりをやめると

大体自然に閉鎖しはじめ、永久歯に生え変わるころには、隙間が閉じることもあります。

というわけで自然に治ることが多いのですが、放っておくのは良くないので、今の時点では、あまり神経質にならずに見つけたら指摘するを地道に繰り返す事が良いと思います。

 

 

はじめての歯医者

以前にも書いたのですが、子供の虫歯が減っています。

保育園、幼稚園、小学校の検診などで虫歯がないので歯医者さんに行く機会がないのだと思います。

今は小学生になってはじめて歯医者さんに来たというお子さんも普通にいます。

それも虫歯ではなく、歯の抜け替わりが遅いとか、歯並びの相談などが多いです。

最近は咬む回数が少なくて飲み込める柔らかい食事が多くなり、顎自体も小さくなったのか

歯並びやかみ合わせが良くない場合が多いです。また柔らかい食事は歯に残りやすいので歯肉炎も多いです。

これは学校検診に行った時に感じます。

歯並びやかみ合わせが良くない歯ブラシなどセルフケアがしにくくなり、大人になってから歯周病が悪くなりやすくなることも考えられます。