2013年

院長の笹山敏(ささやまさとし)です。

今年もあとわずかで終わります。

今年も多くの患者様に来院していただき、感謝しております。ありがとうございました。

今年は患者様がさらに快適に通院して頂けるよう、診療時間の変更に始まり、診療システムの改変、医院のリフォーム、スタッフ制服の変更、医院HPのリニューアルなど色々と行いました。

来年も予防を基本に、来院された患者様が当院に通って良かったと思って頂けるようスタッフ一同頑張りますのでよろしくお願いいたします。

お花

DSC_1196

107360

DSC_1195

DSC_1199院長の笹山敏(ささやまさとし)です。

寒い日が続きます。

先日、患者様からお花を頂きました。ありがとうございます。

上の画像の右側の葉牡丹と下の画像のデンマークカクタス(シャコバサボテン)というお花を頂きました。

来週で今年の診療は終わりです。最終日まで気を引き締めて診療にあたります^^

 

 

DSC_1183

 

セミナー

院長の笹山敏(ささやまさとし)です。

日曜日にインプラント治療のセミナーに参加してきました。

2013-1208-094654984

朝から夕方まで勉強し、セミナー会場を出ましたら、御堂筋のライトアップがとてもキレイでした。

DSC_1181 2

 

 

 

 

お花

院長の笹山です。

良いお天気が続いて気持ちいいですね。

医院入口のお花が変わりました。ガーデニングシクラメンというお花です。

DSC_1176DSC_1176DSC_1176DSC_1176DSC_1176

紅葉も一層深まってきたようです。

今朝、甲山を見ましたが赤・黄色・緑 とてもキレイでした。

画像は当院の入口から見える今日の紅葉です。

DSC_1179

 

歯が凍みるのは虫歯?

院長の笹山敏です。

日に日に朝晩が寒くなって来ましたね。

この時期に来院される患者様の症状で特に多いのが、「冷たいもので歯が凍みる」です。いわゆる知覚過敏です。

急に寒くなり水道水も冷たくなりましたので、単純に凍みやすくなることはあるのですが、原因はそれだけではないのです。

歯が凍みる原因はいくつか考えられますが、大きく分けると 1.虫歯 2.歯周病 3.歯ぎしり食いしばり の3つが考えられます。

今回は3番目の歯ぎしり・食いしばりについてお話します。実はかなりの割合で歯ぎしり・食いしばりが原因による知覚過敏が多いのです。

成人のほとんどの人は日中・就寝中多かれ少なかれ歯ぎしり・食いしばりをしており、その力は70㎏に及ぶこともあるようです。

そのような強い力が歯に加わると、歯の中の神経が敏感になり知覚過敏が起きるのです。

そのような場合、歯科医院ではかみ合わせをチェックして、凍みる歯に知覚過敏用のコーティング剤を塗ったり、歯の型をとってマウスピースを作り装着することもあります。

就寝時にマウスピースを装着することで、歯ぎしりや食いしばりをしても、マウスピースがクッションになり、歯ぎしりや食いしばりの力を弱めてくれますので凍みる症状が改善されることも多いのです。

市販の知覚過敏用歯磨き粉の効果についても、よくご質問を受けるのですが、使用している患者さんにお聞きすると効果があった人、なかった人は半々ぐらいというのが実感です。

歯に穴が開いて虫歯になったわけでもないのに、冷たいものが凍みる時は歯医者さんに診てもらうほうが良いですね。

DSC_1172