歯ぎしり・マウスピース」カテゴリーアーカイブ

プレオルソいびき 睡眠時無呼吸症候群×いびき

先日当院で導入を始めた”プレオルソいびき”という治療装置

”プレオルソいびき”は睡眠時無呼吸症候群や、いびきの緩和を目的としたマウスピースです。

保険適応外であるこのマウスピースを導入したきっかけは・・

まずはこちらが保険適応の睡眠時無呼吸症候群用のマウスピース↓

DSC_4466

保険適応のマウスピースはコンパクトではありますが、素材が硬いのと上下の歯が完全に固定されるので違和感を訴える方が多いです。

また保険適応するには、睡眠時無呼吸症候群の診断が必須であることもハードルの高さを感じていました。

診断書がなくても”いびき”が酷くてお困りの方(ご家族も含めて)は、結構いらっしゃるのです。

そこで今回保険適応外のいびき用マウスピース”プレオルソいびき”の導入に至りました

 

私は”いびき”をかかないのですが、まず自分からということで、スタッフに歯型を採ってもらい、技工所に”プレオルソいびき”を製作してもらいました。

私用の”プレオルソいびき”↓

DSC_4695DSC_4700

装着してみた感想は・・・

まず無呼吸やいびきの原因となる舌根沈下を防ぐために設けられたタングアッププレートについて。

これはかなり舌を持ち上げてくれるので、舌根沈下を防ぐには効果的だと感じました。

また装置自体がソフトな樹脂で出来ていますので、大きな装置の割には違和感は少ないです。

そして上下の歯が完全に固定されないので、寝る前に装着して眠りに入るまでの拘束感が少ないです。

 

プレオルソいびきについての私の感想は、装着感についてだけです。

私自身は、ほとんどいびきをかかないようなので、いびき抑制の効果については、知人に軽度の無呼吸症候群の人がいましたのでモニターになってもらい、”プレオルソいびき”を装着してもらいました。

装着しての感想は・・

まず目覚めが良いとのことです。それもいつもの起床時間よりも数時間前に自然に目が覚めたそうです。

そして眠りが深かったということです。

1週間ほど使ってもらいましたが、効果は上々のようですので、引き続きモニターとして使用してもらい経過を追ってみます。

 

話は変わって”プレオルソいびき”の開発経緯です。

プレオルソいびきは、開発者のセミナーを受講しないと導入できませんので、開発者の先生に聞いた話です。

プレオルソは、元々子供の歯並びや咬みあわせを改善する装置でした。

歯並びや咬みあわせを改善するために、舌の位置はとても重要で、その位置を補正するためにタングアッププレートが付与されています。

プレオルソ開発者の先生の患者さんの保護者から、プレオルソを装着したお子さんの”いびき”が無くなった、減ったとの報告が結構あり、プレオルソの開発者がデータを取ったところ、6割にいびきの改善がみられたということです。

そこで、プレオルソにいびき改善に特化した形態を付与して新たに製作した物が”プレオルソいびき”となったのです。

まだ市場に出て間もないので、評価はまだ先ですが、いびき改善のためには理にかなった装置ですので、良い評価が出ると思います。

DSC_4646

 

睡眠時無呼吸症候群 プレオルソ いびき

先日の日曜日は名古屋でセミナーです。

初の名古屋。

DSC_4629

セミナー会場からは名古屋の中心部が一望できました。

DSC_4635今回はいびき防止のマウスピースと睡眠時無呼吸症候群について学んできました。

DSC_46303時間の講義でしたが、睡眠時無呼吸症候群についてより知識を深めることができました。

当院では保険適応の睡眠時無呼吸症候群用マウスピースも対応していますが、耳鼻科など医科で睡眠時無呼吸症と診断がついている場合のみ健康保険が適応となります。

今回受講した「プレオルソいびき」という睡眠時無呼吸症候群用マウスピースは、いびき改善効果がかなり認められるようですので、早速自分用を製作してどんな感じか試してみようと思います。

というわけで、「いびき防止のマウスピース」について気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

DSC_4650DSC_4646

名古屋はセミナーだけで他に何もしませんでしたので、帰りの新幹線で少し名古屋気分を出してひつまぶし弁当を頂きました。

20180520_133437398

 

 

 

 

歯のすり減り 歯ぎしり? 咬み合わせ? マウスピース

歯のすり減り。

歯科用語では咬耗(こうもう)といいます。

すり減りの原因は様々。

歯ぎしりや食いしばりによるすり減り、長年歯を使い続けた結果のすり減り、咬み合わせの不良によるすり減り・・

こちらは歯ぎしりや長年の経過によるすり減りです。歯の真ん中が凹んでいるのが分かりますでしょうか?

月のクレーターのような感じで凹んでいます。

171026-006

これは歯の表層のエナメル質という歯が、すり減って無くなってしまったものです。

放置していると凹んだ歯の周りの薄くなったエナメル質が更に欠けてしまう場合があります。

治療後です。凹んだ部分を歯と同じようなプラスティックで埋めました。

171026-007プラスティックですので、いずれはまたすり減っていきますが、その時は補充してあげればいいのです。

ついでにすり減りの原因が歯ぎしりなどの癖の場合は、マウスピースや自己暗示療法が必要です。

すり減りに対して必ず埋めないといけないわけではありませんので、気になる方は必要な治療かどうか歯科医院で診てもらうのがよいでしょう。

 

知覚過敏を放置すると・・

今月はなんだかんだと忙しくて4回しかスポーツクラブに行けませんでした(T_T)

週2回の月8回が目標なので半分しか行けませんでした。

連休に遠出したり、体調を崩したりしたのが原因です。

今週からやっと通常の診療日程に戻りますので、来月はしっかり通いたいと思います!

さて・・

知覚過敏は冷たい物や熱い物が凍みるのが症状の病気です。0934030005_s凍みる=虫歯がある

一般的にはそう思われがちなのですが、

知覚過敏の原因のほとんどは、歯ぎしり・食いしばり・噛みしめ・歯周病のどれかに当てはまります。

0904020001_s

知覚過敏の治療は凍みる場所に薬を塗ったり詰め物を詰めます。

歯周病が原因の場合は歯周病の治療もします。

歯ぎしりや噛みしめが原因の場合はかみ合わせを治したり、マウスピースを作ったり、自己暗示療法を指導します。DSC_1172

知覚過敏の原因が虫歯でないことを説明しても半信半疑の患者さんもいらっしゃいますが

ちゃんと処置すれば、1~3回くらいですっかり治まります。

患者さんは虫歯が原因でないと分かってホッとするのですが、

知覚過敏を甘く見てはいけません。

ちゃんと治療をしないと最悪の場合、歯の神経を抜かないと凍みるのが治まらないほど悪化してしまう場合もあります。

ですので凍みる人用にシュミテクトなど知覚過敏用の歯磨き粉も市販されていますが、ご自身で診断せずに、まずは何が原因で凍みているのか歯医者さんで診てもらいましょう。

マウスピース×歯ぎしり

マウスピース治療希望で来院された患者さんの理由で一番多いのが

「歯ぎしりを指摘されたのでマウスピースを作ってほしい」です。

寝ている時に歯ぎしりの音が大きいと一緒に寝ている方も気になってしまいますよね。

でも歯ぎしりによる問題を放置しておくと色々と弊害が出てきます。

このような症状を感じたことはありませんか?

  • 虫歯ではないのに冷たい物で歯が凍みる
  • 虫歯ではないのに噛むと痛い歯がある
  • 朝起きると顎が疲れていたり、歯が浮いた感じがする
  • 最近、歯の長さが短くなった気がする
  • しっかり歯を磨いて、歯石も取っているのに歯周病が良くならない
  • 口を開け閉めすると、顎の音が鳴る、または顎に痛みがある
  • 歯の間に物が挟まりやすくなった
  • 歯に詰めた銀歯や被せ物が、頻繁に外れる
  • 入れ歯が頻繁に壊れる
  • 舌の脇が凸凹した形になっている
  • フロスや糸ようじで歯の間を手入れしても虫歯が出来やすい
  • 顎の周りの筋肉が痛い、こわばった感じがする
  • 前歯の歯並びが悪くなった気がする

実は、これらの症状は「歯ぎしり」「食いしばり」や「噛みしめ」から起こっている可能性があるんです。

ご本人の自覚はほとんど無いことが多いのですが、成人の9割が多かれ少なかれ就寝時や日中に歯ぎしりや食いしばりをしていることが分かっています。

特に食いしばりはおよそ80~100㎏の力があるといわれ、歯や歯肉、顎の骨にかなりの悪影響をあたえます。

一般的に歯や歯ぐき、顎の痛みは虫歯や歯周病と思われがちですが、実は歯ぎしりや食いしばりが原因の場合が多いことが分かっています。

マウスピース

歯ぎしりや食いしばりの対処方法は自己暗示療法とマウスピースによる治療です。

食いしばりや噛みしめは日中でも無意識に行っていることが多く、少し意識するだけで「気づく」ことが出来ます。

また夜間にマウスピースを使うことにより、歯ぎしりや食いしばりによる負担が軽減しますので、歯や歯肉・顎の骨に対するダメージを防ぐことができます。

当院では患者さんの個々の症状に合わせて院内でマウスピースを作成し、自己暗示療法について詳しくアドバイスしています。

*中学生以下のお子さんの歯ぎしりは自然に治ることが多いのでマウスピース治療は行っていません。

*スポーツ用のマウスピースは扱っておりません。