床矯正(拡大床)どれくらいで良くなる?

宝塚南口の笹山歯科医院 院長の笹山です。

本日は当院でおこなっている床矯正という矯正治療です。

拡大床という取り外し式の装置を用いて、歯並びを改善します。

床矯正についてはこちらから↓

子供の歯並び矯正 床矯正・拡大床ってどんな治療?

今回はどれくらいで歯並びが改善されるのか実際のケースで見てみましょう。

小学校低学年のお子様です。

開始時↓

1年後↓

1年4か月後↓

だいぶ前歯の凸凹が改善されました。あと一歩です。

当院ではスローペースで拡大することで、歯だけでなく、顎の骨そのものも広げるイメージでおこなってます。

また、十分に期間をかけることで、後戻りが少なく、確実に歯並びを改善することが可能です。

 

 

1歳6か月児・3歳児の乳幼児歯科検診は当院で検診可能です

宝塚市で小児歯科、小児矯正治療をおこなっている歯医者 笹山歯科医院の笹山です

コロナの影響で前年度に引き続き、今年度も宝塚市1歳6か月児歯科検診・3歳児歯科検診を宝塚市歯科医師会所属の歯科医院で検診をおこなうことが可能となっています。

笹山歯科医院も歯科医師会に所属していますので検診実施医療機関です。

今月も早速、検診のご予約を頂いております。

検診をご希望される方は、電話でご予約いただき、市から送付された検診票をご記入の上、ご来院ください。当日、保険証や受給者証などは不要です。

所要時間は5~10分程度です。

市から送られる検診票↓

 

当院はキッズスペースがあり、ベビーカーごと入れますので、気兼ねせずにお越し頂けます。(キッズスペースのおもちゃ等は、コロナ感染予防のため、一時的に撤去しています。)

かかりつけの歯科があっても遠慮なくお申込みください。

検診のみ速やかにおこないます^^

 

子供の歯型、大人の歯型

宝塚市で小児歯科、小児矯正治療をおこなっている歯医者 笹山歯科医院の笹山です

当院ではこどもの歯並び矯正に力を入れています。

こどもの歯並びで一番多いのは、凸凹歯並びです。

それを治す装置は、主に拡大床という矯正装置でおこないます。

拡大床↓

この装置を作るためには歯型を採って、歯の模型を作る必要があります。

年長さんくらいから治療を始めることが可能な治療方法ですが、

この歯型を採るというのが、ハードルの高い最初の壁となります。

小さいお子さんは歯型を採るのは当然初めてのことですし、嘔吐反射も強いので、歯型材料が固まるまで数分間がなかなか大変です。

当院ではなるべく苦しくないように歯型を採る工夫をおこなっていますので、大体OKなのですが、時には無理な時もあり、少し期間を開けて再チャレンジすることもあります。

子供の歯の模型

大人の歯の模型と比べるとこんなに大きさが違います。右の上下が大人の模型

 

 

当然歯型を採るトレーの大きさも違います。

先日は拡大床を作るためにお子さんの歯型取りがありました。

頑張ってくれたので、綺麗な歯型が採れました。これで拡大床が作れます。

今後の矯正治療も頑張れるように、しっかりサポートしていきます!

「小さい子供がいるので歯医者に行きづらい。」

宝塚市で小児歯科、小児矯正治療をおこなっている歯医者 笹山歯科医院の笹山です

夏が終わり、朝晩が過ごしやすくなったと思ったら、寒く感じる日も出てきましたね。

そろそろ1日1回も冷房をつけなくても良い日が来そうです。

さて、赤ちゃんや小さなお子さんがいて、なかなか歯医者に行けない、行き辛いというお母さんがいらっしゃると思います。

当院では去年キッズ&ベビーカースペースを設けました。

設置理由はタイトルのようにお子さん連れで歯医者に行きづらい方が結構いらっしゃり、こちらがいくら「大丈夫ですよ。」と言っても、こういうスペースがないと実際は来にくいと考えたからです。

当初はそんなに使わないだろうなと思っていましたが、これが予想と全く違って、使用頻度が非常に高いです。

待合室を削って設置する案もありましたが、親御さんの目の届かない所にいるのはちょっと心配で、診療スペースに設置しました。

スペースは小さいですが、ベビーカーを畳まずに置けます。赤ちゃんはベビーカーに乗せたままで大丈夫です。

マットを倒せばキッズコーナーになります。

今はコロナの影響でおもちゃは消毒できる物のみ置いていますが、DVDプレーヤーは使用可能で、おかあさんといっしょからアンパンマン、ドラえもん、ミニオンなどソフトは豊富です。

先日もママの治療待ちのお子さんが、おかあさんといっしょの歌のDVDを見ながらキッズスペースで踊っていたのがとっても可愛かったです。

歯が痛くてもなかなか歯医者さんに行けなかったお母さんの痛みが取れたあとのホッとした表情を拝見すると「キッズスペース作って良かったなぁ。」と心から思います。

最近は宝塚市の乳幼児歯科検診(1歳半、3歳児歯科検診)を委託されているので、多くのお子さんがいらして大活躍のキッズスペースです。

妊娠中や出産後に歯の事が気になっていたけれど、治療に通えなかったお母さんや、子供の預けるのが難しい方、気になることがありましたら遠慮なくお越しください。

赤ちゃんは泣いていも、お子さんは騒いでいても、当院はオールOKです。

スタッフのほとんどが子育て経験者ですので、手が空いていれば一緒に遊びますよ。

乳幼児健診の近況

宝塚市で小児歯科、小児矯正治療をおこなっている歯医者 笹山歯科医院の笹山です

市の保健センターでおこなわれていた1歳半と3歳の乳幼児歯科健診がコロナの影響で、歯科医師会会員の歯科医院でおこなわれています。

当院も宝塚市歯科医師会会員の歯科医院ですので、乳幼児健診を受け付けています。

最近は検診の申し込みが多く、たくさんのお子さんに来て頂いています。

1歳半のお子さんの場合は、お母さんに抱っこして頂いてから、タオルを敷いた私の膝の上にゴロンと寝っ転がってもらって検診します。

お口の中を見るのは30秒から1分ぐらいです。

短く感じるかもしれませんが、我々歯科医は何処を見なければいけないかのポイントを押さえていますので、短くてもちゃんと見ていますのでご安心を。

1歳半のお子さんは泣いてしまうこともありますが、泣いていても大丈夫です。

3歳児の場合は、基本的に1人で診療椅子に座ってもらい、お母さんは横の椅子に座って頂きます。

3歳児の場合も所要時間は1分程度です。

検診が終わったら、検診表に結果を記入しお渡しします。

虫歯の予防方法や仕上げ磨きのコツなど必要に応じてお伝えしています。

お母さんが気になっていることがありましたら何でもお尋ねください。